サイト内の現在位置

新潟県は北信越地域の中では医師不足傾向が強く、全国的にみても人口10万人に対する医師数はワースト5に入ります。それだけに限らず、人口10万人に対しての病院数・診療数も全国平均を大きく下回っています。そのため早急な医師確保と充実した医療資源の確保が課題となっています。東京都心からは離れているイメージがありますが、上越新幹線が開通した為、都心から約2時間と交通アクセス面では便利になりました。そのため、都心に住みながら通勤も可能圏内といえるでしょう。

肛門科 新潟県の常勤医師求人 検索結果

2件の医療機関の中から1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:124653-00001)

老健施設長求人!!ゆったり勤務希望の方に大変オススメです!!

2012/06/13 更新

所在地 新潟県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 - 職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:114021-00001)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2009/11/27 更新

所在地 新潟県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 - 職務内容 その他
関連求人:

2件の医療機関の中から>1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

新潟県の医療現場

新潟県内には、19の基幹型初期臨床医研修病院があり「良医育成新潟県コンソーシアム」というものが設置されています。急性期病院としての活動をしながら、地域包括ケアシステムを中心とした医療提供を行っており、地域全体で健康づくりに取り組んでいるのが特徴です。新潟大学旭町キャンバスには、H26年8月より「新潟医療人育センター」が開設され、模擬手術質や最新技術の手術シュミレーター設備も整っています。医療従事者を対象として、トレーニング・ハンズオンなどの医学教育ができるようになっており、スキルアップしたい人にとっては最適の環境と言えます。

新潟県の地域医療環境

新潟県は下越、新潟、県央、中越、魚沼、上越、佐渡の7つの医療圏で構成されています。縦に長い県である新潟県は「新潟」「県央」では全国平均に近い医師数を保っていますが、それ以外の地域では圧倒的に医師数が足りていません。医師と医療施設の偏在が強く問題視されています。新潟県民の特徴としては、真面目な気質がある反面人当りがいいという傾向が強いようです。自然の豊かさでは北海道に次いで第2位となっており、スローライフを楽しみながら働きたいという人にはとてもいい環境だと言えます。

若手医師の留学研修支援事業を実施

新潟県は、県内で研修を受けているドクターや、県外から新潟県に赴任してきた医師に対して「留学研修事業」を行っています。 新潟県の医療レベルを向上させるため、県内で経験や習得することが難しい知識や技術を海外で習得できる事業です。留学資金、旅行経費のうち80万円を上限とし、支給または給与から控除されます。日本だけではなく、海外の医療技術にも興味のある医学生や若い医師にとっては、とても魅力的な制度と言えます。