サイト内の現在位置

内分泌外科 熊本県の非常勤医師求人 検索結果

熊本県は、人口10万人に対する病院数は全国でも上位にランキングされています。しかし、それに見合った医師の確保ができていないのが現状です。医師求人理由として、「現員医師の負担軽減(患者数が多い、日直・宿直が多い)」という項目で、全体の47.1%を占めていることから、医師不足が深刻化していることが伺えます。非常勤医師のニーズも高いと言える状態です。特に、天草医療県で医師不足が顕著となっていますが、熊本中心部から車で1時間半程度であるため、勤務先として不便はないでしょう。

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索

2014/01/28 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

熊本県荒尾市☆2013年4月からのご勤務☆療養型病院での毎月第3土日の日当直募集です。

給与 - 職務内容 -
勤務曜日
勤務時間 14:00~翌々日7:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

現在の検索条件

勤務地を変更する

科目を変更する

熊本県の非常勤医師勤務形態

非常勤医師としての募集は多く、特に日勤(午前診・午後診・終日)での需要が高くなっています。精神科や小児科の募集が多いのも特徴です。市内から遠い場所であれば、交通費支給も行われています。個人宅を訪れる在宅医療医、内視鏡ドクター、整形外科医、病棟管理など業務も様々です。

熊本県の非常勤医師平均給料

市内中心部から離れた地域であれば、土曜や日曜の終日勤務、当直・日直となると1日で16万円前後と非常に高待遇で迎えている施設も多くあります。へき地といっても、車で通勤圏内であることを考えると、医師にとっては非常にいい環境です。市内中心部の当直であれば、平均4万円前後となっており、勤務地によって差が大きくなっています。

今後は在宅医療医の需要が拡大

熊本県の調査によると、H22年度の段階で25.6%の高齢化率であり、H32年度には30%越え、H47年には35.6%にまで達すると言われています。県民のニーズとして長期療養は「自宅で受けたい」という声が最も多くなっています。しかし、現段階では往診や在宅医として勤務する医師が少ないのが現状です。今後は、かかりつけ医と連携を行い、在宅医として活躍できる人材が求められています。