サイト内の現在位置

福島県は、現員医師2397人に対し、必要医師求人数は約556人となっています。福島県内の医療施設3685施設に対し、福島市を含めた「県北」、「県中」「県南」「会津」「南会津」「相双」「いわき」の7つの医療圏で構成されていますが、約半数は県北と県中に集中しているのが現状です。東日本大震災や原発の影響を最も受けた県であり、震災の影響で医師離れ、医師不足が深刻化していましたが、H26年4月以降から徐々に改善の傾向が見られるようになりました。しかし、福島市のある県北以外の地域では、医師不足が顕著であり、特に、県北以外の地域での医師不足は深刻で早急な医師確保が必要とされています。

その他 福島県の常勤医師求人 検索結果

8件の医療機関の中から1~8件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

常勤医師求人検索

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
無料医師転職相談はこちら
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

所在地 福島県 募集科目 その他
給与 年収940~1,400万円
詳細な金額はこちら
職務内容 産業医
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急指定なし
  • 1800万円可
所在地 福島県 募集科目 その他
給与 年収~1,700万円
詳細な金額はこちら
職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:176739-00001)

【福島×老健施設長】

所在地 福島県 募集科目 内科
その他
給与 年収1,500万円~ 職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:179943-00001)

【白河市】◆引越し・住宅手当補有◆100床規模:週4日/1000~1500万円

所在地 福島県 募集科目 内科
その他
給与 年収1,000~1,500万円 職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:181247-00001)

【郡山市】産業医 週4日 1100万円以上

所在地 福島県 募集科目 その他
給与 年収1,150~1,650万円 職務内容 産業医
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:179352-00001)

【福島県×産業医】◆人気な産業医◆週3日 保険適用可能!!

所在地 福島県 募集科目 内科
外科、その他
給与 年収900万円~ 職務内容 産業医
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:002377-00002)

福島県の内科 外科 眼科 耳鼻咽喉科 整形外科 小児科 小児外科 産科 婦人科 心療内科の求人です。

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急指定なし
  • 1800万円可
所在地 福島県 募集科目 内科
外科、神経内科、脳神経外科、…
給与 - 職務内容 -
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:101955-00001)

福島エリアにて眼科医募集!!

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急指定なし
  • 1800万円可
所在地 福島県 募集科目 内科
救命救急、消化器科、内分泌外…
給与 - 職務内容 -
関連求人:

8件の医療機関の中から>1~8件を表示(そのほか非公開求人もございます)

福島県の医療現場

病院病床数は全国平均を大きく上回っていますが、それに医師数が追いつかず、医師一人当たりに抱える患者数が多く、医師の過密労働を軽減することが課題となっています。震災の前であるH21年から「緊急医師確保プログラム」が開設されており、以前から医師不足が問題視されていることが分かります。医療現場では、県外大学を卒業した研修医を積極的に受け入れるなど、医師を受け入れる体制が整っているのが特徴です。高度医療を提供できる病院も数多くありますが、医師不足により都市部でも求人案件は多く医師の転職市場は活性化していると言えます。

福島県の地域医療環境

救急医療として、ドクターへリポート基地はあるものの医師不足によって受け入れを断らない体勢を構築することが課題に挙げられています。福島県の面積は全国3位の大きさを誇っているが故に、高齢者などの多いへき地医療が問題です。そのために、へき地でも効果的な医療を提供できるネットワーク作りが行われています。福島県民の特徴として、4大疾病のうち「脳血管疾患」「急性心筋梗塞」での死亡率は全国的に高く、救急医療医として活躍できる医師の確保が早急に必要とされています。県外からの医師確保には積極的で、県外で学んでいる学生に対して、福島県内で勤務することを条件に資金援助・支援をする新しい取り組みも行われています。

産科・産婦人科医不足が深刻な問題

産科・産婦人科の10万人あたりの医師数は全国平均を多く下回っており、医師の数は全国でワースト2の46位であり、早急な医師確保が必要とされています。他にも、小児科医、麻酔医の不足が深刻化しています。震災の際に、医師離れが起きたことから、医師求人理由として「医師の負担を減らすための求人」では全国で2位となっており、常勤医、非常勤医とも求められているのが現状です。