サイト内の現在位置

その他 神奈川県の非常勤医師求人 検索結果

神奈川県は、医療圏によっては医師数が全国平均を超えているところもありますが、医師の転職・退職での入れ替わりが激しい地域です。それによって常に医師不足という問題を抱えています。人口密度も高く医療施設も多いですが、それに対応できるだけの医師の確保ができていない状況です。医師求人の理由としては「正規雇用が望ましい」という点では全国で3番目に高い数値を示しており、本来は常勤で働ける医師の確保が重要視されています。しかし、それだけでは現員医師の負担を減らすことも難しく、その結果、非常勤医師の求人は600以上もあり、転職市場としてはかなり活性化していると言えます。

10件の医療機関の中から1~10件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索

2019/08/08 更新

給与 時給10,000
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
勤務曜日
勤務時間 10:00~当日19:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

2010/04/22 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】鶴見診療所

【週2日(火曜+もう1日)の産業医非常勤案件!!】

給与 時給10,000
詳細な金額はこちら
職務内容 健診・人間ドック
産業医
勤務曜日
勤務時間 -
関連求人

2018/05/23 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

【横浜市港南区】◆ゆったり◆当直業務:第2日曜 8:00~翌日8:00/一回8万円

給与 1回80,000
詳細な金額はこちら
職務内容 病棟管理
勤務曜日
勤務時間 8:00~翌日8:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

2012/03/19 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

∬メディウェル鷺坂特選∬★神奈川磯子・健診(午前)+産業医(午後)・曜日相談可★【京浜東北線/磯子駅徒歩10分:新宿/48分・東京/45分・横浜/15分】

給与 1回70,000
詳細な金額はこちら
職務内容 健診・人間ドック
産業医
勤務曜日
勤務時間 09:00~当日17:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

2018/03/26 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

【横浜市港南区】◆ゆったり勤務◆当直業務:第2日曜 18:00~翌日8:00/一回4万円

給与 1回40,000
詳細な金額はこちら
職務内容 病棟管理
勤務曜日
勤務時間 18:00~翌日8:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

2010/12/13 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

給与 1回40,000
詳細な金額はこちら
職務内容 -
勤務曜日
勤務時間 17:00~翌日8:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

2011/12/15 更新

  • 非常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)

横浜元町女性医療クリニック・LUNAは、横浜元町通りの真ん中、中華街朱雀門に面した百段館5階にある小さなクリニックとして、2005年4月にスタートしました。しかし私達、女性医師集団は、しっかりとした医療コンセプトを持っています。

給与 1回40,000
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
勤務曜日
勤務時間 -
関連求人

10件の医療機関の中から>1~10件を表示(そのほか非公開求人もございます)

神奈川県の非常勤医師勤務形態

非常勤医師の勤務形態としては約3割が当直・日当直となっています。200~499床の施設もあれば、20~99床の施設もあり自分の勤務バランスによって勤務地を選ぶことも可能です。その他、内科などの日勤・午前診・午後診の求人案件も多くみられます。総合内科だけではなく、消化器内科や心臓外科など多岐に渡る診療科の募集があり、在宅訪問診療医なども募集されています。多くの症例や手術例のある施設も数多くあります。ベテラン医師の元や実績のある病院でスキルと経験を積みたいという医師にとっては、多数の病院に勤務できる非常勤医としての働き方は非常に魅力的であると言えます。

神奈川県の非常勤医師平均給料

当直だと平均して5~6万前後が多いようですが、インセンシティブを設けている施設もあります。また、日当直であれば1回で10万以上と後待遇の病院も多く見られます。都内からの通勤圏内であることから、常勤医師として働きながら休みの日だけ神奈川県で非常勤務をするという選択肢も可能です。

短時間勤務制度を利用して女性医師の復職サポート

産科医や小児科医の不足が深刻ですが、女性医師の職場離れも問題になっています。そこで、女性医師が育児と仕事を両立できる環境を整えようということで、「ベビーシッターおよびファミリサポート制度の補助」という制度が検討されています。一定の条件に基づいてベビーシッターを利用した場合、県が補助するという事業の実施の取り組みを行っています。他にも、短時間勤務制度や、院内保育施設のある病院を増やすといった取り組みも行われており、女性医師が復職しやすい環境つくりが推進されています。