サイト内の現在位置

その他 鳥取県の非常勤医師求人 検索結果

鳥取県は、医師が偏在しているため地域によっては非常勤医師の需要も高いと言えます。麻酔科や精神科、放射線科などの専門領域の募集が多くみられるのが特徴です。専門分野の拡充を進めており専門資格を取得することが可能な病院も多くあります。500床以上の大規模病院から診療所まで幅広く、勤務形態も相談が可能などの案件も豊富です。JRなどの交通整備も整っており、京都、兵庫、岡山などからの通勤も可能と言えるでしょう。

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る

非常勤医師求人検索

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索
無料医師転職相談はこちら

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

現在の検索条件

勤務地を変更する

科目を変更する

鳥取県の非常勤医師勤務形態

隔週勤務、日勤(午前診・午後診)などの勤務形態が多くみられます。非常勤としての募集以外でも、子育て中の女性医師に対して、勤務日数・勤務時間の調整も可能です。本格的な復帰前に短時間勤務を選択することもできるため、女性医師にとっては非常に働きやすい環境だと言えるでしょう。H25年からはH30年まで「周産期医療体制設備計画」が実施されていますが、県内では病院7施設、診療所9施設、助産所3施設しかなく、妊婦が集中する傾向にあるため、産科医の需要も高まってきています。設備面ではMFICU、NICU、GCUを増設するなど、早急な改善がすすめられています。

鳥取県の非常勤医師平均給料

日勤だと約4万~8万円というのが平均的です。ただ、他県に比べて「経験年数」「専門医」を考慮したうえで金額を提示という条件の病院が多くみられるのが特徴的です。専門分野で非常勤として働きたい医師や、ある程度の経験を積んだ医師にとっては高待遇で迎えられる可能性もあります。移住してくる場合は、赴任手当・引っ越し費用の負担などもあり他県からの医師の受け入れにも積極的です。

地域医療に携わりながらキャリア形成を図る

鳥取県では、3つの医療圏・へき地などにおいて、医師が不足している施設に対しては医師を県職員として派遣する取り組みが行われています。同時に研修を受けることも可能で「地域医療ローテートコース」「子育て離職医等復帰支援コース」などがあり、自分のキャリアにあった研修の選択が可能です。その他、鳥取県のホームページでは、臓器移植(臓器・アイバンク)、骨髄移植(骨髄バンク)の情報提供を県民に行うなど、臓器移植医療の進展にも積極的に関わっている姿勢が見えます。