サイト内の現在位置

山形県は、県庁所在地の山形市がある「村山」「最上」「置賜」「庄内」の4つの医療圏に別れているのが特徴です。病院・医療機関の多くがこの4つの地域に集中しており、「村山」だけで山形県内の約60%の医療施設を占めています。人口10万人当たりの施設数は全国平均を少し下回りますが平均的な数値です。しかし、内科系、外科系が充実しているのに対し、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻科などの専門領域の少なさが目立ちます。日本全国的にみて東北圏での高齢化が今後の課題となっていますが、山形県でもH52年には現在の29.1%から39.3%に増えるとの見込みです。医師の高齢化も問題になっており、医師求人の理由として「退職医師の補充の為」の項目では全国1位になっています。そのため、若い医師の確保が必要とされているのが現状です。また、非常勤としての勤務よりも、正規雇用である「常勤医師を必要としている」という求人理由も全国1位となっています。

その他 山形県の常勤医師求人 検索結果

9件の医療機関の中から1~9件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/07/25 更新

所在地 山形県 募集科目 その他
給与 年収1,200~2,000万円
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/07/26 更新

所在地 山形県 募集科目 内科
外科、その他
給与 年収1,200万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/07/26 更新

所在地 山形県 募集科目 内科
外科、その他
給与 年収1,200万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2019/07/25 更新

所在地 山形県 募集科目 内科
その他
給与 年収1,600万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 病棟管理
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2019/07/25 更新

所在地 山形県 募集科目 外科
その他
給与 年収1,600万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 病棟管理
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2019/08/02 更新

所在地 山形県 募集科目 その他
給与 年収1,300万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】NECセミコンダクターズ山形株式会社(求人コード:111997-00001)

  • 写真あり
  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2010/10/22 更新

所在地 山形県
鶴岡市宝田1-11-73
募集科目 内科
総合内科、外科、神経内科、消…
給与 - 職務内容 -
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:179473-00001)

【庄内エリア×老健】★病院併設型★

2018/03/07 更新

所在地 山形県 募集科目 内科
その他
給与 年収1,200万円~ 職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:122206-00001)

常勤産業医の募集です。

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2013/11/11 更新

所在地 山形県 募集科目 その他
給与 - 職務内容 -
関連求人:

9件の医療機関の中から>1~9件を表示(そのほか非公開求人もございます)

山形県の医療現場

他の東北圏に比べると医療の極端な偏在は見られないものの、地方で活躍できる医師も求められています。高齢化が進み者数も増え、少ない医師で多くの患者を担当している現状であり、負担を減らすための求人というのも多くなっています。2012年にはドクターへリポート基地のある施設も1つでき、救急医療に対応できる医師の確保も必要です。患者数が多く、医師の負担が問題となっていましたが、各医療機関が勤務環境改善の取り組みを見せており、今後は働きやすい環境になっていく姿勢を見せています。

山形県の地域医療環境

山形県では、「医療機関情報ネットワーク」のHPが開設されており、患者自身が必要な医療機関を探せるような工夫もされています。住民の特性を見てみると出生率は全国38位と低く、人口増加率はワースト3で高齢化だけがますます進んでいく状況です。さらに、成人1人あたりのアルコール摂取量は全国6位となっており、男性の平均寿命はワースト2であるのも特徴です。こういった住民の特性もあり、今後は在宅医療医も多く必要とされています。

医師のリフレッシュ教育でキャリアアップが可能

医師不足対策として、山形県では「リフレッシュ医学教育」という取組みが行われています。 研修医や医学生だけに関わらず、これまで「基礎医学・社会医学を専門としてきた医師」や「定年退職した医師」に対し、研修カリキュラムを組んでスキルアップができるようになっています。例として、循環器疾患・呼吸器疾患・消化器疾患・小児疾患の研修を希望する場合は、約3か月間で専門的な知識を学べるようになっています。地域医療に貢献したい医師や、新しい分野の知識を習得したいという医師にとっては十分な環境と言えるでしょう。