サイト内の現在位置

宮城県の医師数は全国平均を下回っており、医師不足の他、医療機関と医師の偏在という問題を抱えています。H24年度の医師数を見てみると宮城県内の医師数5358人に対して、仙台に医師が4135人と約77%が都市部に偏っているのが分かります。現在の医師求人求職も約半数は仙台です。
宮城県内には自治体病院が24施設、診療所が17施設の他、県立病院・市立病院の5つがあります。特に深刻な医師不足は地方部などの診療所です。その他、民間病院など診療科によっても違いがあります。宮城県自治体では、「ドクターバンク事業」や「ドクターキューピット事業」として、医師確保に積極的で、一度臨床の場から離れた医師や産休明けの医師などの採用にも取り組んでいます。
医師不足が深刻な中であるからこそ、人材確保と人材育成に真剣に取り組んでおり、定年を迎えた医師や研修医の受け入れなど幅広く募集されています。

ペインクリニック 宮城県の常勤医師求人 検索結果

6件の医療機関の中から1~6件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • 【終了求人】クリスタルメンズクリニック(求人コード:117452-00001)

  • 写真あり

【宮城県 仙台市】 クリニック常勤募集★☆転科も歓迎★☆科目不問

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2013/03/06 更新

所在地 宮城県
仙台市宮城野区榴岡1-6-36…
募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,500万円~ 職務内容 外来
手術
関連求人:
  • NEW
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:148691-00001)

【石巻市】◆指導体制ありの◆在宅専門クリニック:週5日勤務/1300万円~

2019/10/04 更新

所在地 宮城県 募集科目 内科
総合内科、ペインクリニック、…
給与 年収1,300万円~ 職務内容 在宅医療
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:123909-00002)

【宮城県 石巻市】在宅のイメージを変えられる医療機関です★☆院長候補案件★☆

2012/10/01 更新

所在地 宮城県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,300~2,500万円 職務内容 在宅医療
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:125733-00001)

【宮城県】 老健施設の常勤募集♪★☆経営安定★☆

2013/01/30 更新

所在地 宮城県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,200~1,500万円 職務内容 その他
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:125734-00001)

【宮城県】 老健施設での常勤募集★☆県内に複数の施設を有している法人です★☆

2013/04/08 更新

所在地 宮城県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,000~1,200万円 職務内容 -
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:125736-00001)

【宮城県仙台市】 老健施設での常勤募集♪★☆同法人が運営している病院があります★☆

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2013/02/04 更新

所在地 宮城県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 - 職務内容 その他
関連求人:

6件の医療機関の中から>1~6件を表示(そのほか非公開求人もございます)

宮城県の医療現場

宮城県の約77%の医療施設が仙台に集中しており、医療資源の偏在、不足も課題となっています。この課題解決のためにも、宮城では「宮城県医師育成機構」をつくり、県全体で医師の育成と定着を図っています。研修医の育成はもちろん、米国での大学病院や地域のクリニックを視察し現地の医療を学ぶことができる短期海外研修も取り入れています。 癌プロフェッショナル養成プログラムや、TAVIハートチームの設置など、都市部地域では最先端医療にも力を入れており、スキルアップにも繋げることが可能です。

宮城県の地域医療環境

震災によって地域を離れた人もいますが、宮城も他の東北圏内と同様に今後は高齢化がますます深刻化すると予測されます。特に宮城県は、内科、外科、小児科、皮膚科、眼科、精神科など全般に渡って専門医が不足しており、さらには病床数も全国平均値を下回っています。H52年までに介護を必要とする人の割合は2倍も増えるとされており、急速な医師の確保と育成が求められています。 このような状況であるため宮城県内で転職を考えている人は、比較的有利な立場での転職ができると考えられます。

医師のキャリア形成支援に積極的

患者の高齢化だけではなく、宮城県内では、医師の高齢化も進んでいます。そこで若手医師の育成が地域の貢献になるとして、医学部が設置されている東北大学を中心とし、地域医療に貢献しながら専門医を取得できるプログラムにも取り組んでいます。 さらに、医学生に向けて県内で医師として勤務することを条件に最大9名まで奨学金の貸付も行っています。