サイト内の現在位置

2014年3月現在、約112万人が住む宮崎県では、人口10万人当たりで見ると、医師の数は全国平均をわずかに上回っていますが、全体の約半数が県の中央部に集中し、地域的な偏りが出ているという問題があります。
この原因の一つと考えられるのは、平成16年度から始まった臨床研修制度です。この制度から、研修医が自分で希望する病院を選べるようになり、若い医師が県の都心部の施設に集中するようになりました。この様な傾向が強まるに連れ、大学の付属病院を中心に地方の病院での医師不足が深刻になっています。宮崎県では、この問題に対し、卒業してからの一定期間を県内で働くよう義務付けた自治医科大学への資金の拠出を行ったり、一定期間県内で働くことを条件とした奨学金の貸与を行うなどの対処をしています。しかし、効果が出るまでには時間がかかり、特に、長期の治療を必要とするリウマチでは、地方での専門医不足が慢性化し、常に多くの求人が出ているというのが現状です。

リウマチ科 宮崎県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2019/06/03 更新

所在地 宮崎県 募集科目 内科
外科、救命救急、呼吸器科、消…
給与 年収1,200万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)