サイト内の現在位置

石川県の医師数は全国平均とほぼ同じ程度です。東日本の中では東京、神奈川に次いで医師数は多いのが特徴です。しかし、診療科によってはまだ医師が足りていないところもあり、常勤医師の求人は常にあります。また、医師求人の理由として「正規雇用が望ましい」という点では全国平均の8.4%を上回り10.0%となっていることから、石川県で常勤勤務を希望する医師にとっては転職しやすい環境であると言えるでしょう。

産業医 石川県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る
マイページの便利な機能をもっと見る

常勤医師求人検索

地域

+ 都道府県を変更

+ 市区町村を追加

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
無料医師転職相談はこちら
所在地 石川県
白山市曽谷町チ18
募集科目 産業医
給与 年収1,200~1,620万円
詳細な金額はこちら
職務内容 産業医
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

石川県の医療現場

石川県ではまだドクターヘリの拠点となる施設がありません。災害・震災に対応できる医療が求められているのに加え、休日・夜間の救急医療体制が早急に進められています。そのため「石川県災害・救急医療システム」を設置し、初期救急医療から二次救急医療、三次救急医療までをスムーズに提供できるような仕組みをつくっています。また、石川県医療計画では、診療科や疾病ごとに細かく分類し、医療連携体制の充実をはかっているのが特徴です。

石川県の地域医療環境

石川県は南加賀、石川中央、能登中部、能登北部の4つの医療圏で構成されています。その中でも、能登北部では高齢化が顕著に進んでおり石川中央に比べると倍近い数値になっています。そのため、今後は在宅医療の推進と地域住民に対する健康の向上意識を高める必要性があります。石川県民に対してかかりつけ医をもつことを推進し、そのうえで施設同士の医療連携がとれるような仕組みを作っているのも石川県の特徴です。県民性としては、人当たりがよく付き合いやすい、堅実で勤勉とう特徴を合わせもっています。県外から石川県に移住し常勤医として働こうと考えている人にとても、なじみやすい環境であると言えます。

高齢化に伴う「認知症対応向上力研修」の実施

今後も高齢化が進むと予想される石川県では、認知症を発症する割合も高くなると考えられています。そこで、認知症対応力向上研修というのを設け、認知症診療を行う上で必要な知識と技術を学ぶということを目的としています。認知症を抱える家族への適切なアドバイスや相談にも対応できる知識と関係性づくりも重視しています。研修には座学と地域事例検討会などがあり、研修を受けたものに対しては終了証の交付も行われています。こうした高齢化に対応できる技術を身につけたい医師にとってはとても充実している制度です。