サイト内の現在位置

広大な砂丘が有名な鳥取県は人口が日本で最も少ない県であり、また少子高齢化が進んでいるという課題を抱えています。人口減少の原因になっているのは転出者の増加と人口の自然減少が多いということが挙げられ、数千人単位での人口減少が起こっています。そのため、極端な過疎化が進む地域もあり、いかに人口の流出を食い止めるかということと、人口が減少しても機能するような地域作りを行っています。
鳥取県では消化器内科と消化器外科との一体化をして総合的な診療をすることを目指し、将来的にはこれらをまとめた総合診療科の設置をすることも考慮しています。また、県内の死亡率1位に挙げられるがんは消化器医療と密接な関係性にありますし、治療方法に関しても現在では色々とあることから複数の診療科との連携をすることも推進しています。一方で消化器内科を設置している医療施設が少なく、通院が困難な方がいるという問題もあります。がん罹患率が多く、今後も増えることが予想される県であるため、医師の求人は増加傾向にあり需要は高まっていますし、消化器内科の増設も進めています。

消化器内科 鳥取県の常勤医師求人 検索結果

8件の医療機関の中から1~8件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る
マイページの便利な機能をもっと見る

常勤医師求人検索

地域

+ 都道府県を変更

+ 市区町村を追加