サイト内の現在位置

群馬県の医師数は全国平均を下回っており、医師不足が続いているのが現状です。医療施設の数は全国平均を少しだけ下回っているものの、ほぼ水準と言えるでしょう。しかし、その背景には施設数に見合うだけの医師が確保できておらず、常勤医師の転職ニーズは非常に高いと言えます。様々な診療科での募集が多いため、希望している診療科への転職がしやすいと状況です。

小児外科 群馬県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

常勤医師求人検索

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
無料医師転職相談はこちら
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

所在地 群馬県 募集科目 神経内科
小児外科
給与 - 職務内容 外来
病棟管理
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

群馬県の医療現場

10の二次医療圏を持っている群馬県ですが、前橋を中心とした5つの都心部に医療資源と人口が集中しています。そのため、地域によって医療の格差があることが問題になっています。へき地で働ける医師の募集も多くあります。医療の面からみると、都心部ではRET遺伝子診断や水晶体再建術などの最先端医療も行われており、スキルアップも期待できます。医師不足のためか、定年を迎えた医師であっても1年契約ずつの更新という形での募集も多く、医師不足の深刻さが垣間見えます。

群馬県の地域医療環境

群馬県では「地域産業保険センター」が設けられており、働いている人に対して、無料で健康診断やメンタルヘルス相談・指導が行われています。さらに、長時間労働による体調不良などの指導も受けられるような仕組みづくりが行われています。しかし、医師業界では医師の過密労働が問題になっており、早急な医師確保が必要とされています。また、今後の高齢化社会に向けて、在宅医療の指導医の育成にも熱心に取り組んでいます。さらに、群馬県では中学生まで医療費が無料化されています。小学生までの医療費免除が多い中で、群馬県は中学生までを対象とした始めての県であり、地域医療に力を入れている県であると言えます。医師として働くのはもちろん、子育てをする環境としても優れている県です。

救急医療の専門医不足

全国の医師求人理由を見てみると、群馬県は「救急医療への対応」が17.5%となっており、全国No1です。そのため、救急医療のできる専門医を確保することが急務になっています。他にも、小児科や麻酔科、産婦人科などでも深刻な医師不足が起きている現状です。そのため、これらの専門領域を希望または志望している医師や研修医に対して、研修資金を貸し出す事業にも取り組んでいます。さらに、一定期間県内の公立病院に勤務すれば、返還も免除されるとあって、転職を考えている医師にとってはかなり待遇がよくなっています。