サイト内の現在位置

小児外科 鹿児島県の非常勤医師求人 検索結果

鹿児島県は、離島が多く中心部とへき地との医療格差が問題となっています。そのため、外部機関から医師を派遣する制度を設けています。ただ、まだ医師不足は解消していないため、非常勤医師のニーズも高いと言えるでしょう。人口10万人に対する病院数だけをみると全国2位となっていることから、希望する転職先も見つけやすい地域だと言えます。

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

鹿児島県の非常勤医師勤務形態

勤務形態は、日勤(午前診・午後診・終日)、日直・当直ともに募集されています。0床~300床以上の病院など、施設の規模も様々です。高齢化の進んでいる鹿児島県では精神科や高齢者施設向けの在宅医療医の募集も多く出ているのが特徴です。

鹿児島県の非常勤医師平均給料

平均給料は、日勤(午前診・午後診)で、4~5万円、終日勤務で9万~10万円というところが多くなっています。当直になると、待遇がよく10万~13万円前後が多いようです。一般救性期から療養型、老人介護施設など幅広い募集が行われているので、希望に沿った施設を見つけやすいでしょう。

医学修学資金賃与制度で外部からも医師確保へ

鹿児島県内は、離島やへき地が多いことから、将来へき地で勤務するという一定の条件のもと、医学生に対して「医師修学資金賃与制度」を設けています。これまでは、地域枠として県内の高校出身者に対してしか行われていませんでしたが、「学士編入学者」「5・6年生枠」であれば、圏外出身であっても申請が可能となりました。女性の場合は、育休休暇は返還免除期間には含まれませんが、産休中は資金返還免除の対象となるため、県内勤務を希望している医師にとっても魅力的な制度となっています。なお、育休後復職し、条件を満たした場合はもちろん返還免除の対象です。