サイト内の現在位置

大分県は、人口10万人当たりの医師数は全国平均を上回っていますが県内だけでみると、医師の偏在が大きく、へき地や無医地区が多く存在する地域です。常勤医師の募集も多く出ており、転職先を見つけるにはいい地域です。特に、医師求人理由として「外部機構・派遣等からの医師確保」という項目では平均の8.4%を大きく上回る12.3%であり、西日本ではトップとなっています。

小児外科 大分県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:103421-00001)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2007/09/20 更新

所在地 大分県 募集科目 内科
外科、神経内科、呼吸器科、呼…
給与 - 職務内容 -
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

大分県の医療現場

医師の地域格差が大きい大分県では、大学病院からの医師派遣制度を利用している施設が多くあります。それでもまだ、十分な医師確保に足りておらず常勤医師・非常勤医師に関わらず医師が必要とされているのが現状です。ドクターカー・ドクターヘリの運用にも積極的です。若手医師のキャリア支援も行われていますが、地域に根付いた医療を提供していきたいという医師にとっては、いい環境であると言えるでしょう。

大分県の地域医療環境

大分県は、東部、中部、南部、豊肥、西部、北部の6つの医療圏で構成されています。このうち、大分市、別府市のある「東部」「中部」では医師数が足りているものの、他の医療圏では人口10万人あたりに対する医師数が全国平均を下回っているのが現状です。別府や湯布院など温泉地としても有名な大分県ですが、中心部とへき地の医療格差が問題となっています。そこで、「へき地医療・医師確保対策」として、無医地区等への巡回診療やへき地診療所への代診医派遣事業の取り組みが積極的に行われています。

仕事と家庭の両立支援で女性医師の確保

「大分県地域医療支援センター」では、医師に向けた様々な支援が行われていますが、女子医師に対しては「仕事と家庭の両立支援」というのが行われています。育児支援やキャリア継続・復職支援、キャリアアップ支援が行われています。このようなワーク・ライフ・バランス支援やキャリアサポートが行われていますが、同時に「男女共同参画推進室」を設け、全ての医師が働きやすい環境になるように努めているのが特徴です。