サイト内の現在位置

栃木県は「県北」「県西」「宇都宮」「県東」「両毛」「県南」の6つの医療圏で構成されています。宇都宮市を始め、栃木市や足利市といった都市部とへき地との医療格差が大きいという問題を抱えている現状です。それに加え、医師不足も全国平均を下回っており「医師の過密労働を減らす」という理由での求人が多くなっています。H26年には、医療機能の分化・高度化をはかり、各医療機関が連携できるように病院の新設や病床数を増やすなどの再編統合が行われました。このように、県全体で医師の地域偏在を解消する取組を行っており、医師のキャリア形成支援とともに、若手医師を受け入れる体勢は十分に整っています。特に常勤医に対しては高いニーズがあり、医師の転職市場は活性化していると言えるでしょう。

小児外科 栃木県の常勤医師求人 検索結果

2件の医療機関の中から1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/06/21 更新

所在地 栃木県 募集科目 小児外科
給与 年収1,400万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】社会福祉法人星風会 重症心身障害児施設星風会病院星風院(求人コード:106876-00001)

  • 写真あり

【栃木県栃木市×小児科、小児外科】★重症心身障害児施設★専門医の資格をお持ちの方優遇★ ・新幹線通勤可能、駅からの送迎もございます。

2018/03/08 更新

所在地 栃木県
栃木市田村町925-2
募集科目 小児科
小児外科
給与 年収1,400万円~ 職務内容 外来
病棟管理
関連求人:

2件の医療機関の中から>1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

栃木県の医療現場

栃木県は、首都圏に近い影響もあり医学生や医師が都心部に流れ出ていってしまい、医師数不足が起きています。そのため、将来栃木県で働くという条件の元、医学生に修学資金支援を行うなどの取り組みも行われています。若手医師やキャリアアップを目指す医師に対しては、研修医助成事業も実施されています。また、病院の勤務形態情報を公開しているなど、様々な勤務体勢で医師が働きやすい環境続くにも積極的です。脳動脈瘤治療に関しては全国の病院数での手術・治療ランキングで15位にランクインしている医療機関もあるなど、他の疾患においても専門医・指導医のいる施設も多くあります。首都圏からも通勤圏内にあるため、専門分野でのスキルアップをしたい医師にとってもおススメの県です。

栃木県の地域医療環境

栃木県の死亡率は、男性が全国38位、女性に至ってはワースト2となっており、住民に対する健康意識の向上も必要とされています。また、県内では人口の偏在が顕著であり、県内には10か所のへき地診療所があります。今後は高齢化に伴って、在宅医療を必要とする人も多くなる見込みで、巡回診療や在宅診察が可能な医師が強く求められています。

診療科新設・再開支援事業で医師・医療施設の確保を目指す

H27年には、へき地や準無医地区で不足している診療科を新設する場合や、その他の地域でも不足診療科の新設には補助金として支援する取組が始まりました。自分で開業したい医師や新設医療機関でキャリアを積みたい医師にとってはとても魅力的な制度と言えます。 その反面、都市部では病床数を減らすということも行われており、県全体の医療格差をなくし地域医療の充実にも力を入れています。