サイト内の現在位置

奈良県の人口10万人あたりの施設数は全国平均を上回っていますが、医師数は全国平均を若干下回っています。山林部が多い奈良県では都市部に医師が集中しており、へき地などを担う医師が不足している状況です。地域としては国宝建造物や史跡名勝天然記念物件数全国1位であり、国内だけではなく海外からも観光地として人気です。神戸や大阪へのアクセスも便利でありながら、県の約3/4は山林部であり都心部と自然の両方をあわせ持っている県です。スローライフを楽しみたいという医師にはとてもいい環境だと言えます。

総合診療科 奈良県の常勤医師求人 検索結果

2件の医療機関の中から1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る
マイページの便利な機能をもっと見る

常勤医師求人検索

勤務地

変更する

科目

変更する

詳細条件

変更する

無料医師転職相談はこちら
  • NEW
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

所在地 奈良県 募集科目 総合診療科
給与 年収750万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理、救急、在宅医療
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急指定なし
  • 1800万円可
所在地 奈良県 募集科目 総合診療科
給与 年収1,300万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理、在宅医療
関連求人:

2件の医療機関の中から>1~2件を表示(そのほか非公開求人もございます)

奈良県の医療現場

奈良県では医師確保のため、勤務医の労働環境改善に積極的に取り組んでいます。特に、「短時間正規雇用制度」「育児休業制度の拡充」「所定外労働の免除・軽減措置」「宿日直勤務の免除・軽減措置」などを取り入れていることで、女性医師だけではなく、全ての常勤医が働きやすい環境と言えます。また、奈良県ではH18年からH20年にかけて、ハイリスク妊婦、ハイリスク新生児の受け入れ医療機関が確保できない場合は、近隣の県に助成を求め、円滑に医療を提供できるように広域連携体制整備を整えてきました。県外搬送を減らし県内で対応できるようなMFICU、NICUの設備の見直し、整備検討が行われており、産科医のニーズは非常に高いといえます。

奈良県の地域医療環境

奈良県は、奈良、東和、西和、中和、南和の5つの医療圏で構成されています。奈良市を始め、東和などの中心部では医師数が足りているものの、西和・南和医療圏での医師不足が目立ちます。そのため、へき地で勤務する医師には手厚い待遇で迎えるなどメリットも多くあります。

「総合医」のためのへき地医療プログラム

奈良県内では、患者に適切な医療を提供するための「総合医」を育成するためにプログラムを設けています。主に、家庭医としての「診療所型総合医」とへき地医療を担う「地域型総合医」育成の2つの研修コースがあるのが特徴です。へき地では通常の診療だけではなく、ER救急医、外科系専門医としての診察も必要になってくるため、医師としてのスキルを上げたい人にとっても魅力的なプログラムとなっています。住民とともに地域活動にも参加するなど、地域に根付いた診療を行いたいと考えている医師にとってもいい環境だと言えるでしょう。