サイト内の現在位置

石川県における救命救急の現状は、加賀地区と能登地区の2カ所に救命救急センターを配置しており、主に加賀地区での要請が多くなっています。それは単に人口の違いからくるもので、金沢市のある加賀地区では普段の通常患者数も多いため必然的に救命の方も多くなっているということになります。その分、医師の数も多く、求人に関してもある程度需要があると言えます。
一方、高齢者が多く過疎化が進む能登地区では、重度の救命救急要請となると奥能登の場合では、加賀地区までヘリコプターで患者を運ぶということも実施されるようになりました。つまり、重度のものに関して能登地区にて対応できる総合病院や医師がいないということになります。
距離があればあるほど命が助かる助からないのリスクは大きくなり、奥能登に住む高齢者にとっては不安な医療体系の現状と言わざるを得ません。能登での医師の求人はあるものの若い人が来るということはほどんど稀だと言う現状です。

救命救急 石川県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

常勤医師求人検索

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
無料医師転職相談はこちら

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)