サイト内の現在位置

沖縄県は人口10万人当たりの医師数は平均をやや上回っています。しかし、九州・本土からも遠い離島であることと、いくつかの島が集まった地域であるということから、医師・医療の偏在が問題となっています。医師の需要は高く、転職先を見つけやすい環境でもあります。観光地、リゾート地として人気の沖縄県は他県から移住してくる人も少なくありません。ダイビングやサーフィンなどマリンレジャーを趣味とする医師にとっては人気の地域にもなっています。

小児外科 沖縄県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:118784-00001)

2010/10/04 更新

所在地 沖縄県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,400万円~ 職務内容 その他
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

沖縄県の医療現場

長寿の地域というイメージのある沖縄県ですが、女性が全国3位であるのに対し、男性は28位となっています。これは、泡盛や沖縄独特のお酒の飲み方があるためだとも考えられます。(アルコール消費量の全国ランキングではデータなしとなっている程です)沖縄県内の交通アクセスは整備が整っているとは言えない状況の中、高齢化がますます進んでいます。こうした背景から、在宅医療医が重要視されています。住み慣れた地域を離れたくないという人も多くいるため、今後も自宅療養を希望する人は増えると予測されており在宅医のニーズが非常に高くなっている現状です。

沖縄県の地域医療環境

沖縄県は、北部、中部、南部、宮古、八重山の5つの医療圏で構成されています。このうち、那覇市を含む「南部」以外の医療圏全てで医師不足が顕著です。数々の小さな島があり、それぞれに診療所が設置されていますが、まだまだ医師が足りていません。与那国島、竹富島、西表島など観光地として有名な場所もへき地に含まれています。地域との結びつきが強いのが沖縄県の特徴で、誰とでも気さくに会話ができるという県民性を持っています。外部からの受け入れにも寛容であるため、転職を機に移住するというのもいいかもしれません。

ゆいまーるプロジェクトで医師確保

沖縄県は、独特の方言が特徴ですが「ゆいまーる医師」という、沖縄県内でも離島やへき地で診療を行ってくれる医師を募集しています。短期間の勤務から募集しているため、一度沖縄に住んでみたいという医師にとっては魅力的な制度です。代診医として派遣する制度の充実化を図り、地域医療の質の向上を目指しています。