サイト内の現在位置

青森県の非常勤医師求人 検索結果

現在、青森県内での非常勤医師求人は少ないのが現状です。これは、青森県内では「ワークシェアリング」という常勤・非常勤にとらわれない勤務体勢をとっているためと考えられます。働き方の多様化・柔軟な対応に積極的であることから、非常勤としての選択をせずに常勤のままでも余裕を持った働き方も可能であるためだと思われます。「指導医養成ワークショップ」も開催されており、働く環境だけではなく「医師が学ぶ環境」を整えることにも力を入れています。

83件の医療機関の中から1~30件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る
マイページの便利な機能をもっと見る

非常勤医師求人検索

地域

+ 都道府県を変更

+ 市区町村を追加

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索
無料医師転職相談はこちら
ご希望の求人は見つかりませんでしたか?好待遇&好条件の求人はご登録いただいた方に優先的にご紹介しています。希望条件を伝える ご希望の求人は見つかりませんでしたか?好待遇&好条件の求人はご登録いただいた方に優先的にご紹介しています。希望条件を伝える ご希望の求人は見つかりませんでしたか?好待遇&好条件の求人はご登録いただいた方に優先的にご紹介しています。希望条件を伝える ご希望の求人は見つかりませんでしたか?好待遇&好条件の求人はご登録いただいた方に優先的にご紹介しています。希望条件を伝える ご希望の求人は見つかりませんでしたか?好待遇&好条件の求人はご登録いただいた方に優先的にご紹介しています。希望条件を伝える

83件の医療機関の中から>1~30件を表示(そのほか非公開求人もございます)

岩手県の医療現場

高齢化が予測されている岩手県では、それを見越してすでに医療機能の細分化・連携を図っていくとともに、必要な医療機器を投入する動きが高まっています。 岩手県はドクターヘリを保有していないものの、1施設だけドクターヘリ配備拠点を持っており本格運行を開始するなど、救急医療に対しても対応がとれるようになっています。最先端の医療であるTAVIを用いた手術を行っている循環器医療センターもあり、都心部の病院ではスキルアップや様々な症例を経験することも可能です。

岩手県の地域医療環境

現在の岩手県内では病院の病床数は全国平均を上回っています。しかし、在宅療法施設の数は少なく今後の見直しが検討されると予測されます。少子化とはいえ、小児科医専門医の数が足りないことが一番の課題です。 また、今後の高齢化に伴って回復期リハビリテーションの専門医も必要とされています。県内最多となるリハビリ職員のいる施設でも、今後はより多くのリハ専門医も必要とされています。岩手県保険医療計画によると、医療機関相互の役割分担とともに、介護や福祉・保険などとの連携も深めていく体勢を構築していくとしています。

女性医師の職場復帰支援ではオーダーメイド研修を取り入れている

岩手県内の全体的医師数の不足が問題となっており、出産や育児によって勤務を離れる女性医師が、仕事を続けやすい環境作りを支援しています。ブランクがある医師でも職場復帰がしやすいように、経験・専門に合わせたオーダーメイド研修を取り入れているのが特徴です。さらに、在宅医療が今後必要とされる機会が多くなることから「在宅チーム人材育成地域リーダー研修」なども積極的に行われています。