千葉県「香取海匝医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

香取海匝医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
香取海匝医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

千葉県の二次医療圏「香取海匝」の概要と特徴

1香取海匝医療圏とは

〈千葉県の北東部の太平洋岸にある医療圏〉
千葉県の二次医療圏のひとつである香取海匝(かとりかいそう)医療圏は、千葉県の北東部、太平洋に面した九十九里浜北端とその内陸の利根川流域の平野部に設置された医療圏です。自治体では、銚子市、旭市、匝瑳市、香取市、神崎町、多古町、東庄町が該当します。
地形は火山灰台地の丘陵地と三角州性低地の平地が主です。

2香取海匝医療圏の持つ特徴

〈農業・水産業・地場産業が盛んな地ではあるが交通の便には偏りも〉
香取海匝医療圏は、千葉県の中でも最東端及び最北端に位置していて、北側は利根川をはさんで茨城県と、東側と南側は太平洋と、西側は成田市を含む印旛医療圏や東金市を含む山武長生夷隅医療圏と接しています。香取海匝医療圏全体の面積は約716平方キロメートル、平成24年4月時点での医療圏内人口は30万1千人余りで、夏は涼しく冬は温暖で暮らしやすい地域とされています。
交通の点では、東京から千葉市、山武市を経由して太平洋岸を走るJR総武本線と、千葉県西部から成田市を経由して利根川の右岸を走るJR成田線があり、医療圏内では多古町以外の自治体を通っています。唯一鉄道の無い多古町へはバスの便がJR成田駅もしくはJR総武本線八日市場駅からありますが、今後京成電鉄の京成東成田線が乗り入れる芝山鉄道が延伸される計画もあり、各自治体の公共交通の便は良くなるでしょう。また、自動車専用道路では医療圏内を東関東自動車道が通過して佐原香取ICが設置されているので、千葉市や東京都心などからのアクセスも良好です。
とはいえ、医療圏内相互では太平洋岸地域と利根川流域地域間の公共交通機関はバスのみで本数も少ないという実状があります。医療圏内の香取市と銚子市間、匝瑳市と銚子市間のようにJR路線が直通している自治体間以外では、自家用車の利用が効率的でしょう。
香取海匝医療圏の主な産業は農業で、特に医療圏内全体で稲作が盛んに行われています。また銚子市の利根川河口にある銚子魚港は、日本でもトップクラスの水揚げ量の漁港として有名で、水産業も盛んです。更に、この地区では昔から醤油の製造業が盛んに行われていて、現在でも日本有数の醤油の産地となっています。

3香取海匝医療圏の病院の実状

〈医療崩壊で有名になってしまった医療圏での、地域医療提供体制の再構築が課題〉
香取海匝医療圏の中核病院は、旭中央病院が担っています。この香取海匝医療圏では、かつて「銚子市立病院の不採算による突然の診療休止」というニュースが全国ニュースで大々的に取り上げられ、「地域医療が崩壊した例」というありがたくないケースとして取り上げられてしまいました。
その点を踏まえて千葉県では、圏域内の医療機関毎に役割分担と機能再編を行い、医療機関のネットワーク化を完成させ連携機能を強化する方針を打ち出して、医療崩壊ショックから立ち直るべく医療行政を強く推し進めています。
具体的には、医療圏内で旭中央病院を中核として、休止中の銚子市立病院の再開と、他に5つ存在する自治体病院が明確で新しい役割を担い、各病院間での連携を強化することで地域医療提供体制が再構築されるような方策を行っている最中です。

4香取海匝医療圏の実状と今後の見込み

〈全体的な医師の増加のみならず、医療圏に特に多い死因の疾患に対応する医師が必要〉
平成22年12月31日時点での安房医療圏の人口10万人あたりの医師数は176.9人で、県内平均の168.9人をわずかに上回っている程度で、全国平均の219.0人には及ばす、医師の数は不足しています。
この先に新しい地域医療提供体制が再構築されるよう、千葉県が主体を持って医療行政を推し進めている医療圏なので、その地域医療提供体制が構築された際には、より医師にとって働きやすい医療圏となるでしょう。
また、香取海匝医療圏の特徴として、男性、女性とも特定の疾患の「急性心筋梗塞」及び「脳内出血を含む脳血管疾患」の割合が県内の他の医療圏と比較して極端に高いという傾向があります。そのため治療を行う医師が必要となるのと同時に、病気の予防のための医療情報提供が必要になります。地域医療提供体制を構築する上で、住民を身近で見守る「かかりつけ医」の存在が非常に重要になります。

千葉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		千葉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する