秋田県「大仙・仙北医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

秋田県大仙・仙北医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
大仙・仙北医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

秋田県の二次医療圏「大仙・仙北」の現状と問題点

1二次医療圏「大仙・仙北」とは

〈秋田県の中央内陸部で、大仙市、仙北市など3つの自治体からなる医療圏〉
秋田県の二次医療圏である「大仙・仙北医療圏」は、大仙市、仙北市、美郷町の2市1 町からなる医療圏です。本医療圏は秋田県の中では内陸部中央部に位置し、雄物川中流の横手盆地北部に該当する通称仙北平野を中心として、東部が雄物川支流の玉川や檜木内川、斉内川の流域にあたる奥羽山脈やその支脈の真昼山地の山間部に位置する医療圏です。
本医療圏の面積は約2100平方キロメートル、平成22年国勢調査時点で人口は約14万人、年齢3区分別の割合は年少人口が約11.0%、生産年齢人口が約57.0%、老年人口が約32.0%となっていて、秋田県の平均割合と比較して老年人口の割合が多少高くなっていて、少子高齢化の影響が少しずつ進んでいます。

2大仙・仙北医療圏の生活状況

〈米の産地である農業と、田沢湖や角館など多彩な観光資源の観光業が盛んな医療圏〉
大仙・仙北医療圏は、平成の大合併の時期に旧・大曲市と周囲の町村が合併して誕生した大仙市と、旧・角館町や旧・田沢湖町などの町村が合併して誕生した仙北市が中心となっています。
本医療圏の主要産業は農業と観光業です。まず農業では、仙北平野を中心としてブランド米「あきたこまち」をはじめとする稲作が盛んで、秋田県内でも有数の穀倉地帯です。一方で観光業では、本医療圏内に「日本一水深の深い湖である田沢湖」や「東北の小京都として人気の角館」「『大曲の花火』として有名な全国花火競技大会」、「全国に名を轟かせている岩盤浴で有名な玉川温泉」、「良質な保養型温泉地として有名な乳頭温泉郷」など、多種多様な観光資源を抱えていて賑わいを見せています。
公共交通の点では、秋田新幹線が本医療圏内を東から北西方向に貫き、本医療圏内に3ヶ所の駅を持っていて、県庁所在地の秋田市はもちろん首都圏方面への足は充実しています。一方で在来線ではJR東日本のJR奥羽本線が本医療圏内を南北に縦断して、さらにJR田沢湖線や第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道千が本医療圏内を通っています。鉄道空白地帯はバスの利用になりますが、在来線鉄道、バスとも本医療圏内の地区により運行本数には偏りがありますので、医療圏内の移動に自家用車の利用も考えておく必要があります。
一方で道路網の点では、東北自動車道から分岐する秋田自動車道が本医療圏内を南北に貫通して、本医療圏内に3つのICを持ち、県庁所在地の秋田市のみならず盛岡市や仙台市などの東北各都市や首都圏との道路の足は整備されています。さらに一般道でも、南北方向に縦断する国道13号線と東西方向に横断する国道105号線の交点として道路網の要所であるとともに、他の国道や県道が本医療圏内や本医療圏内外の各方向に通じていて、本医療圏は東部の奥羽山脈地区以外では道路網も整備されています。

3大仙・仙北医療圏の医療体制

〈周産期医療にて役割分担の明確化や隣接医療圏の周産期母子医療センターとの連係が課題〉
大仙・仙北医療圏では仙北組合総合病院と市立角館総合病院とが地域によって中核病院の役割を分担しています。これらの病院を含め、本医療圏内には平成23 年の医療施設調査で、病院8ヶ所、一般診療所98ヶ所が存在します。
本医療圏の医療体制の課題として、周産期医療の問題があります。本医療圏内で分娩を取り扱う機関は病院2ヶ所と一般診療所2ヶ所が存在しますが、本医療圏内にはハイリスクの妊娠や分娩に対処して集中治療を必要とする妊婦のための周産期母子医療センターが設置されていない現状があります。そのために、現時点ではハイリスク妊婦に対して、隣接する秋田周辺医療圏や横手医療圏に設置されている周産期母子医療センターとの協力が必要不可欠な状況です。
秋田県としてもこのような状況を問題と考えていて、県の方針として総合周産期母子医療センターや地域周産期母子医療センター、及び周産期医療研究機関である秋田大学医学部附属病院における各医療機能に応じた適切な周産期医療が提供されるよう、リスクを抱えた分娩の際の搬送コーディネート機能の充実を含め、当面は二次医療圏の域を越えた広域的な周産期医療連携体制の強化を図ることを施策としています。
そのためには本医療圏内の病院と一般診療所の役割分担の明確化を行うこと、すなわち一般診療所は正常分娩等を扱う機能に特化して、病院では正常分娩等を行う以外にハイリスク妊娠や胎児異常等が想定される母子の診察や治療、地域の一般診療所からの医療相談への対応、一般診療所からの転院要請の引受の機能を持たせることを施策として考えています。その上で本医療圏内の病院と周産期医療センターを持つ平鹿総合病院、秋田赤十字病院等、及び周産期医療研究機関である秋田大学医学部附属病院とのさらなる連係の強化を図ることで、安全かつ安心な出産、ハイリスク新生児が健やかに育つことができるような周産期医療システムの確立を主要施策としています。

4大仙・仙北医療圏の医師数の現状

〈秋田県が抱える医師不足解消の問題と、医療圏内で多い死因のがんの早期発見が課題〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、大仙・仙北医療圏の人口10万人あたりの医師数は147.6人で、全国平均219.0人や秋田県全体の平均213.6人との比較でも大幅に少ない値となっていて、医師の不足解消が県の行政での解決すべき問題となっています。
また本医療圏の現状として、がんによる死亡率の高さが有ります。本医療圏での人口10万人対のがん死亡率は平成22年で429.3となっていて、秋田県全体での377.3を大きく上回っていて、また、医療圏内の総死亡者に対するがん死亡者の割合は28.6%と全死亡者の1/4以上を占め、本医療圏での死因の第1位となっています。
平成19年に仙北組合総合病院が国から地域がん診療連携拠点病院としての指定を受けましたが、がんによる死亡率を減らすために、住民の理解を深め、早期発見に繋がるよう検診の受診率を上げるなど、住民の意識改革を行う必要があります。
このような点から秋田県では、各種メディアを有効活用することで本医療圏内へのがん検診の必要性に対する啓発活動に努めることや、市町村を主体とする地区組織の活用により、受診勧奨によって新規のがん検診受診者を増やすこと、地域がん診療連携拠点病院に指定された仙北組合総合病院でのがん診療機能を充実させることや他の医療機関とのがん診療に関する連携の強化を行うことなどを施策として実施しています。さらに、がんを発症した患者やその家族の心のケアにも配慮した、がん緩和のための医療提供体制や治療の相談支援体制の整備も含め、がん医療の充実を施策として実行する計画です。
このような現状から、普段から患者の傍に寄り添い様々な健康の相談を受けることが可能で、さらにがん検診の受診を住民に対して推奨してくれるような地域住民にとってのかかりつけ医の需要が、今後ますます増える見込みです。

秋田県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		秋田県のコンサルタントに求人紹介を依頼する