医師の転職のご相談と求人募集探しは、求人掲載数No,1の医師転職ドットコムがご支援します。

メニュー
閉じる
サイト内の現在位置

※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

希望業務も居心地のよさも~条件も環境も希望を叶える!!

麻酔科 男性医師 

麻酔科 男性医師 36歳

取得資格は麻酔科標榜医、麻酔科学会認定麻酔科専門医

前職
職務内容
手術麻酔
年収
2,000万円
専門
麻酔科
勤務形態
週5日勤務+当直4回/月
勤務地
長崎県
現職
職務内容
手術麻酔、外来、リハ前診断
年収
1,500万円
専門
麻酔科
勤務形態
週4日勤務+当直3回/月
勤務地
長崎県

転職理由を教えていただけますか?

医局派遣先の急性期病院に勤務してきましたが、急性期医療に対して自分の能力と体力に限界を感じたこと。救急対応や当直に取られている時間を、やりたいことや他に興味あることに回したいと思ったこと。新しいことを始めるとすれば、年をとってからよりも若い方が良いだろうと考えたことが契機となり、具体的に転職を考え始めました。

同時に、医局の目指す医療と自分の目指すものが違ってきたことや、医局内の人間関係に疲れてしまったこと。後輩も育ち、自分がいなくても業務が回るようになったことも拍車となり、メディウェルに登録しました。

また、何年も大学内の人事が固定しているため、後進に自分のポストを譲ることで医局の空気を活性化したかったというのも、転職を決めた理由の一つです。

どのような条件を希望されていましたか?

希望は、救急対応は避けたいということ。そして、今まで手術麻酔を主体に業務を行ってきましたが、新しいことを始めたいという2点でした。そして、その場合、病態の把握はできるけれども診断能力は低いので、在宅診療などの診断がついた疾患のケアを主体に週3−4日行い、残りの1−2日はせっかく身に着けた麻酔の腕を無駄にしたくないのでどこかの病院で非常勤の麻酔をしたいというのが希望でした。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

登録後、担当してくれたのは、ベテランの女性コンサルタントの方でした。転職を希望する理由や、これまでの経緯、上で挙げた勤務条件のほか、「どんな雰囲気の職場がいいか、どんな上司や同僚とだと働きやすいかが知りたい」と、アルバイト先も含めこれまでに働いてきた中で働きやすかった病院についてもきめ細かくヒアリングを受けました。

そして、希望に近い勤務条件や雰囲気の病院をリストアップしてくれ、応募先を絞り込んでいきました。

中でも気になったのが、以前バイトをして働きやすかった病院でした。しかし、勤務日数は週5日が条件となっていて希望と合いません。ダメ元でコンサルタントの方に相談したところ「先方に相談してみましょう」と交渉してくれました。

その結果、当時どの医師も週5日以上の勤務だったにも関わらず、希望していた週4日勤務で働けることになりました。

今回の転職についての感想をお聞かせ下さい

転職して6年。大学医局を辞めたことはまったく後悔していません。医局員時代に感じ、抱えていた強いストレスから解放され、精神的にも肉体的にもゆとりを持ちながら穏やかな気持ちで勤務しています。医局退局後も医局員時代と同様に論文を書いたり、学会発表したり、研究を続け、空いている時間を有効活用しています。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

勤務条件も、職場の雰囲気も、希望に近い職場で働けているのは、担当コンサルタントの方が医療機関と交渉してくれたおかげです。週4日勤務の医師がいなかったこともあり、簡単な交渉ではなかった思いますが、慎重に交渉重ねてくれ、感謝しています。転職から6年たった今でも、情報交換をしたり相談にのってもらったり、時にこちらが相談にのったり、変わらず親しくさせてもらっています。

麻酔科・長崎県での
転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

麻酔科・長崎県での
転職についてコンサルタントに相談する
無料医師転職相談はこちら

医師求人特集

ご利用者様の声

よくあるご質問