サイト内の現在位置

医師転職Q&A

「納得する」までお答えします

医師転職に関する様々な質問とその回答をご覧いただけます。

新生児対応希望です。「50代」という年齢は問題になりますか?

50代前半の小児科医です。新生児対応の医師募集への応募を考えています。50代での応募はハンディになりますか?

「本当は若手の先生を希望されているものの、医師がいないので、仕方なく50代を採用する」のであれば、望まれない先への転職となるので、応募は辞め、自分を必要とする別の医療機関を探そうと考えています。実際、医療機関側は年齢についてどのように考えているのでしょう。

また、応募先の医師の年齢構成を確認したところ、同僚となる常勤医師の方が私の1つ下でした。やはり、同年代、あるいは、年下の医師というのは敬遠されるものでしょうか。

医療機関に確認が必要ですが、年齢よりも相性を重要視されることが少なくありません。

正直にお話しすると、新生児対応の場合、体力的に余裕のある30代・40代の医師が望まれる傾向が確かにあります。

しかし、50代でもスキルや勤務条件、治療方針等が合えば採用されることは少なくありません。医療機関に確認するとともに、年齢以上の先生の強み(スキルや小児医療に対する想いなど)をアピールすることをお勧めします。


次に二つ目の質問にお答えします。複数常勤体制の場合、「人間関係」は働きやすさに直結する重要事項です。同僚とうまくやっていけるか、不安要素を事前に確認することは非常に大切です。

この人間関係、実は、年齢以上に先生同士の相性や小児科医療への考え方、方向性の一致のほうが重要なようです。もちろん、相性の一つとして、同年代や年下の医師が同僚として入ってくることを敬遠する先生もいらっしゃいます。医療機関側に依頼するなどして、同僚となる先生ご本人の意向を確認することをお勧めします。

メディウェルでは、同僚にどのような先生がいらっしゃるのか、年齢や出身大学、担当業務や得意分野、治療方針、人柄、時には趣味についても、先生が安心して入職いただけるよう最大限の情報を収集しお伝えします。またご希望の場合、同僚となる先生との面接も設定しております。お気軽に担当コンサルタントにご相談ください。

フリーワード検索

※半角スペースで複数ワードを指定できます。(AND検索)

カテゴリを絞り込む
医師転職体験談 150人以上の転職成功事例 メディウェルのコンサルタントサービスを通じてそれぞれの目指す転職を実現された先生がたの貴重な体験談です。