サイト内の現在位置

医師転職Q&A

「納得する」までお答えします

医師転職に関する様々な質問とその回答をご覧いただけます。

50歳からのキャリアの選択肢は?

51歳、呼吸器内科医です。年齢を考慮して、どんな医療機関への転職が可能ですか?(呼吸器内科・51歳・男性医師)

50代からの呼吸器内科医としてのキャリアの選択肢は幅広くございます。

体力面を理由に第一線から離れたり、院長や副院長への昇進に見切りをつけて開業したりと、医師にとって50代はキャリアの大きな転換期です。弊社でも、40歳以上の先生向けの転職支援サービスをさせていただいています。

※40歳以上の先生向けの転職支援サービス「40代50代60代の医師転職ドットコム」はこちら↓↓↓
「40代50代60代の医師転職ドットコム」


呼吸器内科医のニーズは、幅広く、総合病院、一般病院、療養型病院、精神科病院、クリニック、老健施設や、健診機関等、あらゆる施設において呼吸器科の募集があります。

このような呼吸器内科医のニーズがある中で、50代の先生の場合、療養型病院でオンコールなし・当直なしなどの勤務条件のもと、これまでの経験を活かした呼吸器管理と内科全般の診療を行うというゆったり勤務を選択されるケースが比較的多いです。また、高齢化による在宅クリニックの需要の高まりに伴い、呼吸器管理のスキルと強みに在宅医として活躍する先生も増えてきています。ほかにも、開業医として内科全般を診たり、健診や老健施設に勤めたりという選択肢もあります。

それぞれ、勤務条件や患者層、扱う症例、求められるスキルが異なり、当然ですがやりがいや、医師として実現できることも異なります。「どのような医療を実現されたいのか」、「この先、どのような生活をされたいのか」、先生のご希望を伺った上で、アドバイスをさせていただきます。ぜひ一度ご相談ください。

フリーワード検索

※半角スペースで複数ワードを指定できます。(AND検索)

カテゴリを絞り込む
医師転職体験談 150人以上の転職成功事例 メディウェルのコンサルタントサービスを通じてそれぞれの目指す転職を実現された先生がたの貴重な体験談です。
  • 転職した先生の満足度94.7%
  • 科目別の医師転職お役立ちコラム
  • 2次医療件 医師転職お役立ちコラム
  • 40代50代60代の医師転職ドットコム