長崎県「佐世保県北」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

長崎県佐世保県北医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
佐世保県北医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

長崎県の二次医療圏「佐世保県北」の現状と問題点

1はじめに

〈長崎県の佐世保県北医療圏の概要〉
長崎県の二次医療圏である「佐世保県北医療圏」は、佐世保市、平戸市、松浦市、佐々町の4自治体からなる医療圏です。
本医療圏は長崎県の本土北部に位置し、対馬海峡に面した自治体と平戸島及び周辺の島々からなる自治体で構成されており面積は約820平方キロメートル、平成22年国勢調査時点で人口は約33万人です。

2佐世保県北医療圏の生活状況

〈古くから大陸や西洋との交易で栄えた歴史遺産と、海上自衛隊の拠点とを併せ持つ医療圏〉
佐世保県北医療圏の基幹産業は観光業と工業です。本医療圏内には中国やヨーロッパとの貿易で栄えた平戸があり、 歴史遺産が数多くあります。また佐世保市内には単独テーマパークとして日本最大規模を誇る「ハウステンボス」や、九十九島のような自然の観光資源などもあり、一年を通して観光客で賑わっている医療圏です。
一方で、本医療圏内の佐世保市には海上自衛隊の佐世保地方総監部が置かれ、佐世保港が海上自衛隊の重要拠点となっていて、それに伴う造船業、エネルギー供給業などの工業が盛んに行われていて、 長崎県の中でも長崎に次ぐ工業都市ともなっています。
公共交通では、本医療圏内にJR九州のJR佐世保線が通っている他、JR大村線や第三セクターの松浦鉄道西九州線が本医療圏内を通っています。 鉄道沿線以外はバスの便となりますが、鉄道、バス便とも路線や区間によって運行本数に著しく偏りがありますので、本医療圏内の移動には自家用車の利用も考慮してくのが良いでしょう。
一方で道路網は、自動車専用道では長崎自動車道から分岐する西九州自動車道が本医療圏内の佐世保市内まで通じていて、本医療圏内に4ヶ所のICを持ちます。 また一般道でも国道35号線や国道204号線、国道383号線を軸として、国道や県道が本医療圏内外の各方向に通じています。本医療圏内は道路網もかなり整備されています。

3佐世保県北医療圏の医療体制

〈医療圏内に数多くある有人島に対する、離島・へき地医療の一層の充実が課題〉
佐世保県北医療圏では佐世保市立病院が中核病院の役割を担っています。本医療圏内には平成24年10月1日現在の長崎県衛生統計によれば、病院39ヶ所、一般診療所283ヶ所が存在します。 本医療圏の医療体制の課題として、離島・へき地医療の問題があります。
本医療圏にはリアス式海岸の海岸線に沿って多数の有人離島を有していて、平成21年時点で無医地区が1ヶ所、平成24年時点でへき地診療所が8ヶ所存在していますが、 へき地診療所のうちで医師が常勤している診療所は半数の4ヶ所のみという現状があります。 長崎県としてもこのような状況を改善すべく、本医療圏内のへき地医療拠点病院である社会医療法人青洲会病院に設置された離島医療支援センターを核として離島・へき地医療への支援を行っています。
具体的な施策として、「しますけっと団」と命名された離島・へき地診療所への代診医の派遣システムの効果的な運用、ITを有効活用した医療支援、 長崎大学病院や長崎医療センターと連携してのへき地医療拠点病院の充実化等が挙げられていて、離島・へき地診療所の医療提供体制を引き続き確保しつつさらに充実していく目標を立てています。

4佐世保県北医療圏の医師数の現状

〈医療圏内の医師偏在の解消と、脳卒中患者の各病期においての医療連系が課題〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、佐世保県北医療圏の人口10万人あたりの医師数は219.0人で、全国平均219.0人と同一、長崎県全体の平均218.6人とも同程度の値です。 ただし、佐世保市のみでは244.7人と数が多い一方で、佐世保市以外の3自治体の合計では127.6人と長崎県や全国平均値を大きく下回っていて、医療圏内での医師の偏在の解消が重要な行政施策となっています。
また本医療圏の現状として、佐世保市を除いた県北地域での脳卒中医療連携への対策の問題があります。 県北地域では脳卒中対応の病院や一般診療所等が限られていて、専門医での対応を必要とする脳卒中の患者については、佐世保市内の高次脳卒中医療が提供可能な医療機関へ搬送が行われている現状があります。
一方で脳卒中の急性期を脱した後の回復期から維持期に対応する医療機関は県北地域にも存在していますが、佐世保市内の急性期医療機関との連携が十分に行われていないことから、 回復期以降においても佐世保市内の医療機関への入院や通院を行うケースが多く、患者にとっての負担となっています。
この点を長崎県は行政の課題としていて、県北地域の住民が脳卒中を発症した際に急性期の治療を佐世保市内で受けた後に、 その住民が在住する同地域でリハビリテーション医療を継続して受診できる医療連携体制の構築を施策としています。 具体的には各関係機関等の協議を行うことや医療連携への会議や研修を行うことと同時に、県北地域において「脳卒中地域連携シート」を作成し運用することで、 佐世保市内の急性期病院と県北地域の在宅療養期を含む回復期から維持期を担当する医療機関との連携を推進し、脳卒中地域連携シートの定着を目標としています。

長崎県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		長崎県のコンサルタントに求人紹介を依頼する