愛知県「尾張北部」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

愛知県尾張北部の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
尾張北部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

愛知県の二次医療圏「尾張北部」の概要と特徴

1はじめに

〈尾張北部医療圏とは〉
愛知県の尾張北部医療圏は、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、岩倉市、大口町、扶桑町の7つの自治体から成り立っています。 尾張北部医療圏は愛知県の中では北部、名古屋市北東部の丘陵地帯と犬山城を頂点とする犬山扇状地上にある自治体で設定された医療圏です。

2尾張北部医療圏の生活状況

〈名古屋市のベッドタウンである一方で、鉄道路線外の圏域内の相互往来が希薄な地域〉
尾張北部医療圏は、尾張丘陵の高低差を持った地域や濃尾平野の平坦地の地形の中に、面積約296平方キロメートル、平成22年10月1日現在の調査での人口は約73万2千人を抱える、広大な医療圏です。
尾張北部医療圏内の小牧市は「陸の港」と称され、東名高速道路、名神高速道路、中央高速自動車道の起点として物流やその関連業の中心地となっています。 またそれ以外にも尾張北部医療圏内には数々の大企業の事業所が存在して、内陸部の工業地帯を形成しています。
鉄道路線は、名古屋市を起点としてJR東海のJR中央本線が医療圏南部を、名古屋市営地下鉄に直接乗り入れる名古屋鉄道の名鉄小牧線が医療圏中央部を、 名鉄犬山線が医療圏の西部から北部を通っています。 これにより各鉄道沿線は名古屋市のベットタウンとなり、人口の流動が多く沿線内での移動は容易になっています。 ただし医療圏内の各鉄道沿線間をつなぐ公共交通機関はバスのみで本数も限られていて、特にJR中央本線沿線と他の名鉄沿線との往来はあまり便利とは言えません。
また圏域の地域によっては、バスの路線の撤退などにより公共交通機関の足が無い地区も多数存在していて、全体として名古屋方面以外の圏内移動は必ずしも便利とは言えない医療圏です。

3尾張北部医療圏の医療体制

〈医療圏内で鉄道沿線ごとに複数の中核病院が存在し、共存している〉
尾張北部医療圏では、圏域内を通る鉄道沿線相互の往来が不便であるために、鉄道沿線ごとに中核病院の役割を持った病院が存在します。
圏域北西部では江南市の江南厚生病院、圏域中部では小牧市の小牧市民病院、圏域南東部では春日井市の春日井市民病院がそれぞれの沿線の中核病院の役割を持っています。 これらの病院を含め、尾張北部医療圏内には平成22年10月1日現在で、病院24ヶ所、一般診療所457ヶ所が存在します。

4尾張北部医療圏の医師数の現状

〈沿線エリア相互の疎通を欠き医師も不足、地域医療支援病院の整備が必須〉
尾張北部医療圏で「医師数不足のため診療制限を行っている病院数」は平成24年6月末の時点で7ヶ所、割合で言えば30.4%と愛知県内で言えば多い方から3番目であり、 愛知県全体では医師不足により21.5%の病院が診療制限を行っている点と比較すれば、かなり悪い数字と言えます。
これは尾張北部医療圏自体のエリア設定により中核病院が生活圏内の異なる3つの地区にそれぞれ存在して、それぞれの中核病院が各鉄道沿線地区のみの対応を行っている実状から、 患者が2次医療圏内部ではなく名古屋市内の病院を頼ってしまう現状が多いことと推測できます。
県でも現在の診療制限の解消に向けて様々な行政指針を立てていますが、医師不足自体は愛知県そのものが抱える重要な問題で、個々の医療圏毎の対策迄はなかなか至っていない現状があります。 現在のところ医療圏における病診連携システムの中心を担う地域医療支援病院が尾張北部医療圏域には無いため、 愛知県としても地域医療支援病院としての条件を満たす機能を持った病院の整備を行い、医療機関それぞれの機能分担や相互連携を推進するべく、行政方針を立案して実行する方針を立てています。 特に犬山扇状地に該当する名鉄犬山線沿線地域は自然災害には強いエリアで、より多くの医師の在住と在勤が望まれます。

愛知県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		愛知県のコンサルタントに求人紹介を依頼する