福岡県「朝倉」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県朝倉医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
朝倉医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「朝倉」の概要と特徴

1はじめに

〈福岡県中南部に位置して大分県と境を接する医療圏〉
福岡県の二次医療圏である朝倉は、福岡県中南部の内陸部に位置する地区に設定された医療圏です。 朝倉医療圏は、朝倉市、筑前町、東峰村の1市1町1村で構成されています。
朝倉医療圏の面積は365平方キロメートル余りで、平成24年8月1日現在の福岡県人口移動調査での圏域内人口は8万7千人弱です。 医療圏の東部は険しい山岳地帯、西部は筑後平野の扇状地性低地の地形になっています。

2朝倉医療圏の特徴

〈歴史ある観光地と農業、工業がバランスよく存在するも、圏内交通網に難があり〉
朝倉医療圏は福岡県の旧・朝倉郡を構成する自治体から成立していて、大都市である福岡市の南東方向、久留米市の北東方向にあります。
朝倉医療圏の中心となるのは朝倉市で、市域には南北朝時代から明治時代前期まで歴史の表舞台に立っていた「秋月城の城下町」地区を含んでいます。 このため朝倉市は秋月への観光業が盛んですが、現在は市の南西部で久留米市に近い甘木地区に工業地域があり、大企業の基幹工場がいくつか存在します。
また農業も盛んで、平野部では、なばな、アスパラガス、いちごなどの野菜が、里山部ではイチジクや柿、ぶどう、柚子などの果実が生産されています。 交通の面では、西鉄甘木線が医療圏内南西部の久留米から甘木まで、第三セクターの甘木鉄道が、JR鹿児島本線の基山駅から圏内の筑前町の最南部を通り、同じく朝倉町の甘木まで通じています。
また、東峰村の東端部をJR日田彦山線が南北に通っています。ただし、西鉄甘木線を除いて鉄道の便は少なく、またバスの便も甘木や秋月などのエリア内の中心部以外は十分な便数が確保されておらず、 圏内では自家用車の利用が安心です。
自家用車については、九州自動車道に直結する大分自動車道の甘木IC、朝倉IC、枇杷木ICが圏内にあるため、福岡市や久留米市への移動時間も短くなっています。

3朝倉医療圏の医療体制

〈久留米医療圏への依存が大きく。二次医療圏内で収束する医療の構築が必要〉
朝倉医療圏の中核病院は朝倉医師会病院が担っていて、圏内には8の病院と76の一般診療所があります。 朝倉医療圏内の病院の問題点としては、多くの拠点病院が朝倉医療圏の圏外に点在する実状があります。
例えばがん拠点病院、救命救急センター、周産期母子医療センターとも隣接する久留米大学病院や社会医療法人雪の聖母会・聖マリア病院が担っている状況で、 実際に朝倉地区に現住所を有する入院患者の久留米医療圏への流出割合が25%超であり、圏内在住の入院患者の4人に1人強が久留米医療圏内の病院に入院していることになります。
二次医療圏の設定の理由である「二次圏内で傷病の治療を完了させる」という視点からも、朝倉医療圏内の病院及び一般診療所の、さらなる充実が必要です。

4朝倉医療圏の医師数の現状と未来

〈医師の不足と、福岡県内最高の高齢化率である圏内東峰村への対処が必要〉
平成22年12月31日時点での朝倉医療圏の人口10万人あたりの医師数は172.8人で、福岡県全体の274.2人はもちろん全国平均の219.0人よりも大幅に少ないです。 これは前項でも述べた通り「人口10万人あたりの医師数が福岡県内でも極端に多い」久留米医療圏への患者の流出が理由するものと考えられ、 二次医療圏内での医療を提供のための医師の確保が重要な課題です。
更に朝倉医療圏の問題として、住民の高齢化があります。平成26年4月1日現在の福岡県の調査では、朝倉医療圏全体では65歳以上の高齢化率は28.4%で、福岡県内でも高齢化率が平均よりも高い方ですが、 市町村別で見ると朝倉医療圏内の東峰村が38.2%と福岡県で最も高い現状があります。
朝倉医療圏内でも東峰村は医療圏東部の山岳部にあり、 同一医療圏といっても地理的及び公共交通の上で患者が朝倉医療圏の病院に移動しにくい現状もあります。東峰村内に村立へき地診療所が2ヶ所開設されてはいますが、 福岡県としては多角的に医療行政の見直しを行い、高齢化率が高い朝倉医療圏内の東峰村の医療環境を整備すべく、検討を行っています。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する