【調査詳細】医師の転職理由

 医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルでは、社内の医師の転職実績データをもとに、医師の転職理由について調査を行ないました。調査の詳細を以下に報告します。

【調査詳細】医師の転職理由
調査内容 医師の転職理由
調査条件 株式会社メディウェルが運営する「医師転職ドットコム」より医師転職支援サービスの申し込みを行ない、その後のアンケートに回答した医師
調査方法 サービス申し込み後の自由回答型のアンケートを
転職理由種別に分類・集計を行ない調査
調査対象期間 2016年1月~2016年12月
有効回答数 696件
調査実施日 2017年3月16日

医師の転職理由
 医師の転職理由は上図の通り、「家庭・生活事情」が最も多く、次いで「大学病院・医局を辞める・離れる」「勤務負荷」が多い結果となりました。
 

医師の転職理由の具体例

 医師の転職理由のアンケートの具体的な回答例は下記のようになっています。匿名性担保のため、内容を損ねない範囲で表現・文言には修正を加えています。

  • 1.家庭・生活事情

    • 子どもが産まれ現在育休中だが、現在の職場は復帰しても子育てに理解のある職場といえないため。
    • 子どもの教育環境を考えて転居を予定しており、転居先から通勤圏内の職場を探すため。
    • 今の勤務が過酷で拘束時間も長く、家族との時間をほとんど取れていないため
  • 2.大学病院・医局を辞める・離れる

    • 所属する大学医局の教授が退任する予定のため。
    • 医局人事により数年単位で突然の異動が繰り返されることに疲弊したため。
    • 大学病院での人間関係のしがらみが合わず、専門医・学位は取得済みで医局に残るメリットが少ないと考えたため。
  • 3.勤務負荷

    • 緊急手術、オンコールの連続で体力的に負担が大きく、年齢的にも今後のキャリアを考え直したいため。
    • 病院で医師の退職があり、その後は自分に勤務負担が集中し休みもほとんど取れない状況が続いているため。
    • 当直で専門外の患者も対応が必要で、当直明けも続けて外来やオペをすることが常態化しており、体力的に辛くなってきたため。
  • 4.職場環境・人間関係

    • 上司との仲が悪く、他医師との仕事分担が不公平の状態が続き、病院の診療水準も低いため。
    • 院内の設備が古く清潔感がない。また、生活保護の患者層が多く、トラブルもしばしば発生しているため。
    • 理事長がワンマン経営で常勤医が次々と辞めていく。有給休暇も取得しづらい環境で、学会参加も自由にできないため。
  • 5.給与・待遇

    • 激務でありながら年収が低く、今のペースで働き続けるのが割に合わないと感じたため。
    • これから子どもの養育費が増え親の介護もあり、今の病院の給与では生活が厳しくなることが予想されるため。
    • 今年転職したばかりだが、最初に提示された条件と内容が変わってきてしまっているため。
  • 6.スキルアップ・専門性

    • 現在の病院で手術件数の減少が見込まれ、麻酔科専門医の維持が難しくなることが予想されるため。
    • リハビリテーション科専門医取得のため。
    • 将来的には開業を検討しており、開業前に雇われ院長として勤務し経営面のスキルを身につけたいため。
  • 7.勤務内容・やりがい

    • 精神科のスキルを活かしたいが、現在は診療ではなく管理業務に追われてしまっているため。
    • 院内の常勤医が増えたため仕事内容に余裕ができた。医師の不足している地域で、地域医療に貢献したいと考えたため。
    • 現在の勤務先では専門特化しているが、もっと幅広く内科領域の診療をしたいと考えるようになったため。
  • 8.拘束時間・通勤時間

    • 通勤時間が長く疲労が蓄積されるため。
    • 当直が多い上に常にオンコール対応であり、休日も毎日呼び出しがあり、外出もままならない状況のため。
    • 副業と両立して勤務していきたいため。
  • 9.転居

    • 地元の地域に戻って働きたいため。
    • 地方から都心への転居を考えており、患者層が地方と都心でどう違うか経験したいため。
    • 都心から北陸地方への転居を予定しており、転居先での職場を探すため。
  • 10.転科

    • 外科系の専門科で後期研修中だが、救命科に転科しようと考えているため。
    • 形成外科から皮膚科への転科を希望。外科だけでなく内科的対応もできることに魅力を感じたため。
    • 保険の査定医や産業医など、臨床医以外の働き方を探したいため。
  • 11.定年

    • 定年後の再就職への準備のため。
    • 現在の職場の定年が60歳で迫ってきており、定年後の職場を探すため。
    • 定年後現在のクリニックの管理者となったが、自分より若い後任医師が決まり、転職しなければならなくなったため。
  • 12.帰国

    • 米国留学中で日本への帰国を予定。以前の病院への再就職も候補ではあるものの他の病院での勤務にも興味があるため。
    • 夫の都合で在米中であり来年帰国を予定。帰国後の働き方を相談したいため。
    • 現在、アメリカ在住で、日本に帰国を予定しているため。
  • 13.閉院

    • 現在開業している地域で過疎化が進んでおり、また自分自身の年齢を考え、閉院を検討しているため。
    • 開業医だったが、健康面の事情により閉院。現在は体調が回復しており、勤務医としてまた医療に貢献したいと考えたため。
    • 開業したが、1人で全てをこなさなければならない多忙さが合わず、閉院を決めたため。
  • 14.その他

    • 現在の勤務先で雇用契約期間が切れるため。
    • 体調を崩し以前の勤務先を退職していた。体調が回復してきたことに伴い、復帰を考えているため。
    • 現在の病院が赤字で、大幅な減収もしくは解雇される見込みのため。

 
医師の転職理由の傾向とその背景の考察については、下記をご覧ください。
>>医師の転職理由とその背景とは?