製薬医師求人特集です

メニュー
閉じる
サイト内の現在位置

製薬企業への
医師転職ならメディウェル

業界最大級39,480件以上の
求人数を保有するメディウェルなら

外資から国内企業まで製薬企業の医師求人数はトップクラス

好待遇や人気案件など、一般に公開していない非公開求人も紹介

書類選考・面接対策から条件交渉に至るまで充実のサポート体制

「医療機関以外の選択肢が気になる」
「製薬企業って具体的にどういう仕事があるの?」
「どういうスキルや資格が必要?」
このように、製薬企業で働くことへの期待と疑問をご相談される先生方が多くいらっしゃいます。
メディウェルでは多くの製薬企業へ医師紹介実績があり、国内外の製薬企業から多くの求人を受けています。これまでの実績・経験に基づき、先生方が製薬企業への転職で疑問を持つポイントを1つずつご説明していきます。

製薬企業の業務内容とは?~メディカルドクターの仕事内容~

製薬企業における医師の業務内容というのは、大きく分けて3つの部門に分類できます。この部門間は業務上クロスオーバーすることが多く、その程度は企業やポジションにより、異なります。

臨床開発
新薬開発におけるDr.の見解を指し示すセクション。主に治験で集まったデータの解析や厚生労働省への文書の作成などを行います。
市販後安全性評価
新薬発売後の副作用の調査などを行うセクション。実際の臨床現場から上がってきた副作用やその他のデータの解析などが主な業務です。
メディカルアフェアーズ(市販後調査)
最近多くの企業が設けてきているセクション。新薬が臨床現場において有効に使用できるようにマーケティングができているか調査・改善を行います。医師の見地からより深い薬品情報を臨床現場に伝えるといった作業も行います。

製薬企業がメディカルドクターへ望む能力・経験とは?

  1. 01

    高い英語力

    上司や同僚が外国人であったり海外との会議も行われるので、英語力は必要です。また、レポート等も英文作成がほとんどです。

  2. 02

    リーダーシップ能力

    企業の一社員であることは強く自覚していただくとともに、他の一般社員とは社内での影響力や責任の大きさが異なりますので、社員をまとめるリーダーシップの特性が求められます。

  3. 03

    臨床経験

    一般人材ではなくあえて「医師」を採用する理由の一つとして、臨床の観点から医学的見地に基づいてのアドバイスを求めているからです。そのため、臨床現場を10年経験して初めて「実績あり」と認められる風潮です。

さらに

製薬企業が求める年齢層があります

MDとしての募集で、対象となる年齢層は、30代後半から40代前半までが通例です。
理由は「臨床経験」が強く求められているからです。医師としての採用の場合、多くは「マネージャー(国内でいう「課長職」)」という役職がつきます。部下をマネジメントする必要があることから、若い年齢層では相当なハードルの高さが求められます。
反対に40代後半から50代ともなり、キャリアが長い方ですと、課長職では収まらないケースが考えられます。企業における40~50代となれば、部長職や役員クラスも十分考えられます。製薬企業未経験の方に、そのような重要なポストを与えることにも、非常に抵抗が強いという背景があります。こういった複雑な事情から、30代後半から40代前半の年齢がベストだといわれます。

製薬企業の転職スケジュール

製薬企業の選考のスケジュールは以下のようなスタイルが一般的です。およそ1ヵ月から2カ月の間で行います。基本的に製薬企業への入職決定後、1~2か月での入職が通例になりますので、入職希望日の3~4か月前から転職活動を始めることをお勧めいたします。
また、求職者側のご転職スケジュールが必ずしも優先されるとは限りませんので、前もって退職の意向は現職場へ伝える必要がございます。
基本的に臨床医(病院・クリニック)における医療機関へのご転職スケジュールと異なりますので留意ください。

1~2ヶ月

  • STEP1製薬企業への問い合わせ

    メディウェルのサービスにご登録後、コンサルタントが先生の希望条件やスキル等について詳しくヒアリングさせていただきます。そして、先生にあった製薬企業をピックアップします。医療機関へのご転職と異なり、募集のある求人に応募するのではなく企業へ応募の打診をすることがほとんどです。そのため、「求職者(医師)ありきの求人」となることも少なくありません。企業に採用の打診をする際には、求職者の履歴書とCV(英文履歴書)が必要となります。コンサルタントがこれらの書類と先生のご希望(臨床開発、安全性管理、メディカルアフェアーズなど、どの部門に携わりたいか等)や簡単な経歴・経験、製薬企業の志望動機を製薬企業側にお伝えします。

  • STEP2書類選考

    製薬企業の書類選考を受けるためには、履歴書とCV(英文履歴書)が必要になります。履歴書のフォーマットは、一般的に入手できるもので構いませんが、先生方の中でCV(英文履歴書)を作成したことが一度もないという方も多いと思います。応募書類の作成もコンサルタントがサポートしますので、ご安心ください。また、CV(英文履歴書)と同様に製薬企業への志望動機が必要になります。「なぜ、臨床医をやめるのか?」「製薬企業で何を実現したいのか」等、問い合わせ段階に聞かれます。この点を明確にすることが採用に大きく関わってきますので、しっかりと準備をすることが大切です。メディウェルのコンサルタントはこれまで多くの医師の志望動機もみてきていますので、しっかりアドバイスさせていただきます。

    英文履歴書サンプル ※クリックすると画像が大きく表示できます

    志望動機サンプル ※クリックすると画像が大きく表示できます

  • STEP3面接

    製薬企業の面接は、医療機関とは大きく異なります。質問内容の傾向や、面接でみるポイントなど企業によって特徴があります。事前にしっかりと準備しておくことが大切です。また、英語で面接するケースもあります。

1~2ヶ月

  • STEP4内定

    書類選考を通過し、数度の面接をクリアすると製薬企業よりオファーレター(内定通知書)をいただき内定となります。最終的な待遇条件・年収の確認をします。

  • STEP5入職

    おめでとうございます。入職日前に書類の手続き等が発生することがほとんどですので、ご不明な点がございましたらコンサルタントにご相談ください。入職後は各企業の就業規則に基づきご勤務いただきます。

転職成功のポイントは面接対策です!

製薬企業の求人は、その採用方法や選考スタイルが医療機関とは大きく異なります。特に人気のある企業は高倍率になっているので、しっかりと応募書類を作成し面接対策をしていないと、内定をもらうのも難しい状況です。メディウェルでは豊富な製薬企業への転職支援実績をデータ化していますので、先生の転職成功のために5つのサポートができます。

メディウェル5つの面接対策

  • サポート01

    求人企業の詳細データを
    ご提供します

  • サポート02

    履歴書・職務経歴書の
    作成アドバイス

  • サポート03

    面接時のマナー・
    身だしなみのアドバイス

  • サポート04

    面接での想定質問・面接
    シュミレーション実施

  • サポート05

    面接官の人柄・
    性格の情報収集

面接でよくある質問

メディウェルでは面接で聞かれそうな質問傾向を分析し、面接対策をしています。以下のような点が良く聞かれます。

  • いままで臨床医としてどのようなことをしてきましたか?
  • いままでリーダー経験はありますか?
  • あなたが思う理想の上司像とは?
  • 臨床を辞めることに未練はありますか?
  • 今後、一企業人として勤務することに、抵抗はないですか?

面接で見ている人柄・スキル

製薬企業にて採用された場合、多くは「マネージャー(国内でいう「課長職」)」という役職がつきます。部下をマネジメントする必要があることから、リーダーとしてチームをまとめることができる人間なのかということを判断されます。
それとともに「医師」としてではなく企業に勤める「一企業人」として協調性を持ち、様々な国籍、文化、職種、役職の方と仕事をできるかを判断されます。また、社会人としてのマナーや見だしなみも求められます。

面接の回数、場所・時間

面接なども企業側の提示条件に従うことがほとんどです。

場所
国内の本拠(東京や大阪)
面接回数
2~3回程度
時間帯
平日の夕方頃

メディウェルで実際に転職をした先生に聞きました

内分泌・代謝内科 > 製薬会社

製薬会社のメディカルドクターへ転身
42歳男性

大学講師として勤務する中で、外部から教授が招聘されるなど将来性に疑問を感じ始め、研究者としての経験を製薬企業で活かしたいと考えました。
メディウェルに登録し、希望条件(給与は現状以上、転居不可、大手の製薬企業)を伝えたところ、外資系製薬会社の求人3件を紹介いただきました。その後、担当コンサルタントの方から応募書類の作成や面接対策アドバイスを受け、応募した3社すべてから合格通知をいただくことができました。その中からこれまでの研究をもっとも評価してくれたA社に入職。海外出張もあり充実したやりがいのある毎日を送っています。

呼吸器内科 > 製薬会社

海外の大学病院研究職勤務から製薬会社勤務へ
36歳男性

日本の大学病院での臨床経験を経て米国で研究職として勤務していましたが、今後のキャリアを考えたときに臨床・研究のいずれも実績が中途半端な気がして悩んでいました。そんな中で製薬会社であれば、両方の経験が活かせるのではないかと考え、転職活動を開始しました。
海外勤務中だったのでコンサルタントとはメールのやりとりが中心でした。まず、大手製薬会社の非公開求人を4~5社教えていただき、臨床開発・安全性評価・マーケティング等それぞれの職務内容の説明をしてもらい、安全性評価を中心に応募することにしました。コンサルタントからは、面接時に聞かれる質問や製薬会社において求められる知識、応募書類の作成方法などとても細やかにサポートしてもらったことで、第一希望の企業に合格できました。

外科・心臓血管外科 > 製薬会社

経験を活かした「アカデミック」な仕事がしたい
44歳男性

40代半ばに近づき、外科医として今後は安定した職場で経験を活かしながら勤務したいを思い転職支援サービスに登録をしました。コンサルタントから国内外の製薬企業の詳細情報を教えてもらい、自分の人脈・経験が活かせそうな2社に絞り込み面接を受けました。両社より内定通知をいただきましたが、臨床開発の責任者が日本人で、得意とする専門分野での仕事から始められるB社に決めました。
メディウェルのコンサルタントは、求人票と共に、直属の上司のお人柄やスタッフの雰囲気、社風、年間業務スケジュール、面接の質問や評価のポイントなど、詳細な情報提供を受けました。製薬企業の面接や応募書類、選考は病院とは全く違うので、プロのサポートを受けることが成功の鍵だと思います。

血液内科 > 製薬会社

書類も面接も準備を重ね未経験で製薬会社へ転職成功!
39歳男性

これまでずっと臨床に携わり、大学病院で患者を診ながら講師を務める毎日を送っていました。ただ、自分の仕事がどれだけ世の為になっているのか考える事が多くなり、目の前の患者だけではなく自分が携わっている分野の多くの患者さんを救いたいと思うようになりました。大学で講師職に就いてから製薬会社とやりとりする事も多く「製薬会社で自分の力がどこまで通用するのか?」を試してみたいと思い、40歳を前に転職に挑戦することを決意しました。
メディウェルのコンサルタントには、「面接では自分がその会社にとっていかに有益な人材がをアピールする事」など面接対策や応募書類の対策を何度も行っていただき、無事に転職を成功させることができました。
メディカルドクター
MD未経験OKの希少求人!内科に精通した先生大歓迎です!
職務内容市販後安全性評価
年収1,500万円
所在地東京都
メディカルアドバイザー
週4日からOK!人気のMD求人です!
職務内容治験におけるメディカルアドバイザー業務
年収1,600万円
所在地大阪府
メディカルアフェアーズ
安心の国内大手企業でメディカルアフェアーズ部門の新規立ち上げ!
職務内容メディカルアフェアーズ業務
年収1,500万円
所在地東京都
MDマネージャー
臨床開発部門部長職!経験豊富な先生大歓迎!
職務内容臨床開発
年収1,500~1,800万円
所在地大阪府

まずはサービス登録から!
人気の高い製薬企業医求人は早い者勝ちです!

製薬企業求人は数が少ないため、すぐに充足してしまいます。また、人気のある企業などは応募が殺到してしまうため大手医師紹介会社に非公開求人として募集していたり、ある程度医師のスキルを知ったうえで求人を出すなど、お一人では見つけることが難しい求人となっていますので、紹介会社を上手に利用していただくと良いかと思います。
製薬企業への紹介実績が豊富なメディウェルでは、医師転職支援サービスにご登録いただくと下記のようなサービスを受けることができます。

  • 好条件の非公開求人を優先的にご紹介
    好条件・人気エリアの優良求人はサイト上に公開した場合、応募が殺到し、選考を効率的に行うことが困難になってしまうため、企業からの要望で非公開としている場合がございます。メディウェルではサービス登録をいただいた先生にご希望条件に合った非公開求人を優先的にご紹介いたします。
  • 急募案件のご紹介
    突発的な欠員補充など企業が採用を急いでいる場合にはメディウェルとしてもスピーディーに対応させていただくため、すでにサービス登録をいただいている先生にまず求人をご紹介します。そのため、サイトに掲載する前に採用が充足してしまうことがほとんどです。非公開求人には掲載しきれない急募求人も多く含まれているのです。
  • メディウェル独占の製薬企業非公開求人のご紹介
    すべての医師紹介会社に製薬企業の優良求人があるわけではございません。メディウェルは全国7拠点のコンサルタントが独自のネットワークで各地の大手製薬企業と信頼関係を築き、業界最大級の非公開求人の依頼を受けています。

サービス利用満足度94.7%その理由は...
メディウェルの医師転職支援サービスはココが違います

  • 業界最大級の求人数39,480件!

    「ここにくればすべての求人がある」を目指し、全国7拠点の営業所と100名以上のスタッフが日々医療機関から求人情報を受けています。また、気になる医療機関があれば募集状況を調査しますのでお気軽にお問い合わせください。

  • 厚生労働省の認可を受けた紹介会社

    メディウェルは厚生労働省の認可を受けた紹介会社です。また、就業時の給与や労働環境についての条件を医療機関と先生との間に立ち労働条件書締結をしていますので、入職後も安心してご勤務いただけます。

  • プライバシーマーク取得で個人情報も安心!

    メディウェルは個人情報保護の認定資格であるプライバシーマークを取得し、お預かりする個人情報の厳守を徹底しています。

  • 転職支援実績40,000名以上

    これまでメディウェルは医師40,000名以上の転職を支援してきました。またその実績をデータ化し社内で共有することで、さまざまな事例に対応できるコンサル力があります。

  • 先生の匿名性を保ったまま事前の情報収集が可能

    求人打診や募集状況の確認、条件交渉など「応募する前に知りたいこと」は先生の匿名性を保ったままコンサルタントが代行しますので、転職活動を知られたくない先生にもご安心いただけます。

  • 条件交渉はプロのコンサルタントが代行!

    給与や待遇面の条件交渉はプロのコンサルタントが代行します。また交渉内容は先生と綿密に打ち合わせをしますので、ご希望に沿った条件での転職が可能です。

  • 面接後の辞退もコンサルタントにおまかせ

    面接後「やっぱり辞退したい」という場合も、応募先への断り連絡はコンサルタントが行いますので、先生を煩わせることはありません。

  • 独占非公開求人も多数!

    医療機関側の諸事情により、一般に公開できない好条件の非公開求人情報も多数あります。メディウェルはこれまでの実績から医療機関との信頼関係が深く、当社にしかない独占非公開求人もあります。

製薬企業求人を探している医師からよくある質問

  • 外資系製薬企業は、どういう点が国内製薬企業と異なりますか?

    外資系企業が国内企業と異なるのは、主に以下の4点です。

    1. 本国とのやり取りや海外出張の必要から、英語の能力がより求められます。
    2. グローバルな企業として、人材の交流、情報の交流の機会が多い点です。様々な刺激を受け、レベルアップを図りたい方にはお薦めの環境です。
    3. 研究開発にかける予算が多い傾向にあることが挙げられます。世界の舞台で大きな仕事がしたい方にはお薦めです。
    4. 企業文化です。主に本国の文化の影響を受ける傾向があるので、気になる企業の本社所在地は要チェックポイントです。
  • 臨床での業務は継続できるのでしょうか?

    外資系・内資系企業によっても違ってくるのですが、基本的には企業内の社員という位置づけになりますので、一旦企業内に就職してしまうといわゆる外勤のような病院勤務の形態は難しいと考えたほうが無難です。

  • 製薬企業に就職するのに何か資格や有利な点などはありますか?

    資格はもちろん医師免許ということになりますが、特に必要と思われる点としては外国語能力(海外とのディスカッションなどを行う)や学位(特に外資系の場合、 本国のMDが医学博士の場合が多いため、平等な立場にしたい)や研究論文集などです。各製薬企業により本腰を入れている分野、あるいは強い分野などはまちまちですので、その企業にとって力を入れたいという分野の先生を求めているというのが現状です。

  • 医療機関で働くことと製薬企業で働くことの違いは何ですか?

    大きく分けて、下記のような3点があげられます。

    1. 対人的な違い
      これまで「先生」と呼ばれていた立場から「一社員」としての立場になりますので、心理的な変化があるかもしれません。「一社員」として成果が求められるのはもちろん、 チームをまとめる立場にもなりますので、薬剤師などのスタッフとチームワークがとれること、MRへのアドバイスなども含めたコミュニケーション能力や人柄といったものが重要になります。
    2. 待遇の違い
      医療機関と違い、土・日・祝はお休み、当直やオンコールもありません。育児休暇などの福利厚生も整っている企業が多いといえます。給与は求人票に記載されているものの他、 ストックオプションや企業によっては年収とは別にMD手当てを用意している場合もあります。
    3. 業務内容の違い
      臨床から離れ、デスクワークが中心になり、人と一緒に進めていく仕事が増えます。これまでの一人で指示を出すようなスタイルとは、少し仕事の性質が異なるといえるでしょう。
  • 最近、多くの製薬企業の募集において製薬企業勤務経験者を優遇するといった傾向にあるようですが。

    確かに、近年の製薬企業の状況は吸収・合併などにより目まぐるしく変わってきております。その中で、より即戦力といった人材を求める傾向にあります。臨床を長く行われてこられた先生方では臨床現場では何ら問題ないはずですが、いざ企業勤務となった場合では戸惑うケースもあるかと思います。そのような場をなくそうと考えていると思われます。また、ビジネスレベルでの英語力といったものを要求される外資系企業もあります。リーダーシップ、プレゼンテーション能力、組織内での協調性などを問われるケースが増えてきております。

紹介実績

  • 中外製薬株式会社
  • ノバルティスファーマ
  • バイエル薬品株式会社
  • ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社
  • MSD会社
  • ヤンセン ファーマ株式会社

一部抜粋・順不同

新着の製薬企業求人を探す

  • 北海道
  • 東北
  • 首都圏
  • 北関東
    甲信越
  • 北信越
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
    四国
  • 九州
    沖縄

1位

  • 兵庫
  • 製薬企業
  • NEW

○骨・リウマチ領域、糖尿病領域、免疫領域でのMD募集…

法人名 ********(法人名非公開)
勤務地 兵庫県
科目 内科 /呼吸器科 /呼吸器外科 /…
給与 【給与】 年収 1,600万円~ 当…

エリアから製薬企業の求人を探す

北海道・東北

関東

北信越

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

科目から製薬企業の求人を探す

内科系

外科系

その他

無料医師転職相談はこちら

医師求人特集

ご利用者様の声

よくあるご質問