栃木県の医師求人特集|医師転職ドットコム

メニュー
閉じる
サイト内の現在位置

栃木県
業界最大級の医師求人

公開数117件 9/18(非公開求人は除く)

医師転職ドットコムは、栃木県の病院・クリニック・介護施設・一般企業などの求人情報を徹底網羅。サイトで公開中の求人だけでなく、非公開求人を会員様にだけ紹介します。

栃木県の求人紹介を受ける

栃木県の医師求人特集 目次

栃木県での医師転職体験談

栃木県の医師転職体験談をすべて見る

栃木県での医師転職市場

栃木県の医療機関

どういう施設/科目の求人が多いか/増加傾向か
1)内科系・・・全般的に求人が多くございますが、特に、腎臓内科や内分泌・代謝内科など、透析に関係のある科目での募集が多い傾向にあります。次いで、常勤医師の人数が十分でない多くの病院が、幅広い範囲で診療してもらいたいという希望から、内科を全般的に診療する一般内科や総合内科のニーズが高くなっています。専門分野としては、リハビリテーション病院も多いため、神経内科やリハビリテーション科、また、地域の高齢化も進んでいるために老人内科のニーズが高くなっています。
2)外科系・・・ 内科系に比べると求人数は少なく、ある程度大きな病院(200床以上)でないとそもそも募集をしていない病院がほとんどです。少ない求人数の中でニーズとして高いものは、地域の高齢化問題の影響もあり骨折や消化器系の疾患が多いため、整形外科・消化器外科、透析のシャント形成の機会が多いことから、心臓血管外科・泌尿器科、全域で不足傾向にある産婦人科、脳神経外科専門病院も多く栃木県の脳卒中死亡率が全国1位ということもあり、脳神経外科のニーズが高くなっています。
3)その他・・・精神科病院が県内の病院の20%を占めており、精神の募集が多くございます。また総合病院や脳神経外科病院など専門病院も多い傾向から、麻酔科が全域で足りない傾向にあるため求人数としても多くなっています。また中小病院では、老人福祉施設に対する在宅診療や訪問診療に力を入れているところが多く、ニーズが高くなっています。

給与相場
1)内科系・・・県北1,600~2,200万円 県西1,400~2,000万円 県央・東1,600~2,000万円 県南1,300~2,000万円 両毛1,500~2,000万円
2)外科系・・・県北1,400~2,100万円 県西1,400~2,000万円 県央・東1,500~3,000万円 県南1,500~2,200万円 両毛1,500~2,000万円
3)その他・・・精神科1,600~2,200万円 麻酔科1,400~2,000万円 在宅・訪問1,600~2,000万円

県内の主要な中核病院・医局に関して概要
1)中核病院
県北エリア・・・那須赤十字病院・国際医療福祉大学病院・菅間記念病院
県西エリア・・・上都賀総合病院・日光医療センター
県央・東エリア・・・済生会宇都宮病院・国立病院機構栃木病院・国立病院機構宇都宮病院・芳賀赤十字病院
県南エリア・・・自治医科大学付属病院・獨協医科大学病院・下都賀総合病院
両毛エリア・・・足利赤十字病院・佐野厚生総合病院
2)医局に関して
栃木県内にある大学は獨協医科大学・自治医科大学です。栃木県内では、特に県央・東エリアと県南エリアでは殆どが何かしらの形で獨協医科大学・自治医科大学との関わりがありますが、自治医科大学のシステムとして医師出身地の病院への派遣が多いこともあり、県内では、コンサルタントの印象や実際の医療機関採用担当者との話をうかがった内容でも、獨協医科大学の派遣の方が自治医科大学より多くあります。両毛エリアの病院では群馬県に近いこともあり、群馬大学からの医局も多いですが、群馬大学は各病院に関して特に採用に対しての規制などは設けておらず、比較的採用に対する自由度が高くなっています。

医療行政の特徴

栃木県における医師や医療関係者のサポート施策
栃木県庁と栃木県医師会の共同体制により、現在は研修医確保の動きが活性化している現状です。県と医療機関が協力して、医師が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。将来それぞれの出身県内で地域医療を担う医師を養成・確保するために、自治医科大学・獨協医科大学に県の地域枠を設定したり、医学生や研修医、若手医師を対象とした奨学金制度(既定の条件を満たせば全額返還免除)を設けています。出産や育児で離職していた女性医師の復職をサポートするシステムも構築されており、栃木県医師会と医師会加入病院が連携し復職支援体制を整えています。また現職の県内で勤務している医師が積極的にブログ等の情報発信を行い、実際の勤務状況についてアピールし、勧誘を促すといった試みが行われています。

栃木県における医療に対する取り組み
東京圏に隣接する北関東エリアに栃木県は位置しています。昨今、勤務医不足で地域医療の崩壊が騒がれている中、栃木県でも同様の危機にあります。直近でも、JA栃木厚生連運営であった矢板市の塩谷総合病院が医師不足から大幅な赤字経営となり、学校法人「国際医療大学」に譲渡され、「国際医療福祉大学塩谷病院」と名称変更し新体制としてスタート、同厚生連運営の石橋総合病院もまた、経営難につき医療法人社団「友志会」に譲渡を決定、さらに同厚生連が運営する下都賀総合病院も老朽化が進み、移転新築が検討されてましたが、同病院を含む栃木市内の3病院の統合再編計画の中で、栃木地区メディカルセンター(仮)への新施設に財産を譲渡することになったなどのニュースが挙げられます。栃木県医師会は、医師不足解消のため、特に医師確保が叫ばれている産科医師への補助金制度を策定し、病院が産科医師の報酬条件を充実させる体制強化のサポートをするなど、多様な対策を実施しています。生活の場としても、子育て支援教育の充実に積極的に取り組み、労働時間短縮勤務の設定や、勤務日数の緩和(週4日勤務など)といった勤務条件の作成を、県内の病院に促すなど、転職を考えているドクターに豊かで質の高い生活を提供できるよう努力しています。

居住地としての特徴

栃木県の概要
東北新幹線が栃木県の中心を縦断しているので、東京から1時間程度という交通至便の場所にありながら、美しい自然に囲まれ、世界遺産の日光の社寺など文化的な見所も多い栃木県は、医業に専心するには、うってつけの土地柄です。栃木県北部には日光・那須の山々が連なり、四季折々の情景はもちろん、春は花見、冬はスキーやスノーボードなどのレジャーなど、楽しみも充実しています。気候も穏やかで良質な温泉にも恵まれていながら、県内各地から宇都宮まではほとんどが1時間以内の距離にあります。車での移動でも東北自動車道と北関東自動車道がそれぞれ縦断、横断して建設されており、隣接する各県(群馬県、福島県、茨城県、埼玉県)へのアクセスも良好です。

人口動態の変化について
以前は県外からの移住者はほとんどおらず、高齢化も進んでいましたが、最近では栃木県、埼玉県で勤務する会社員の新たなベッドタウンとしての機能が生まれ、栃木県・首都圏から若い家族が移住している関係で、県南エリアの小山市・県央エリアの宇都宮市は、年々高齢化率が減少しています。一方で、新幹線は通っているが首都圏から遠い県北エリアの那須塩原市、車でのアクセスは比較的よいが冬は雪の被害を受けやすい県北エリアの日光市、交通機関もほとんどなく、車でのアクセスも悪い県東エリアの真岡市などは、高齢化の一途を辿っています。

栃木県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

栃木県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

栃木県での医師転職に関するデータ分析

メディウェルでは、これまで転職支援をしてきた先生方の実績を集計・分析し、これから転職を希望される先生へのアドバイスに役立てています。ここでは、特にお問合せの多い、
  • ①メディウェルを利用しての転職は年収面でメリットがあるのか?
  • ②医療機関の募集事情とは?
  • ③他社にもっといい求人があるのでは?
について、データをもとに説明していきます。

1.栃木県の医師の年収相場は?

メディウェルを利用しての転職と医師平均年収の違い

データの説明
メディウェルで転職した先生の平均年収と医師平均年収の差のデータになります。※「平成17年度<医師>給与比較(都道府県・政令市立病院)」総務省自治財政局編
データから読み取れること
地域別でみると、栃木県で約300万円、山梨県で約310万円、茨城県で約330万円とすべての地域でメディウェル経由の転職のほうが年収が高くなっています。
こんな先生向けです
なぜ、メディウェル経由での転職だと年収アップが可能なのでしょうか。メディウェルで転職をする場合と、お一人で転職活動をする場合は、以下の点が違ってきます。
  • ・先生に代わり、言いづらい年収交渉を代行します
  • ・一般には探せない非公開の高額求人情報を多く持っています
  • ・これまでのスキルや経験から先生の市場価値を高め医療機関へアピールします
栃木県で年収アップをご希望の場合は、交渉力・情報力に長けたメディウェルにお任せ下さい。

2.栃木県の医療機関が医師を募集する理由

データの説明
厚生労働省データから「栃木県の医療機関における医師募集理由」を全国平均理由と比較しました。
※「病院等における必要医師数実態調査の概要」厚生労働省
データから読み取れること
全国と比較して、栃木県の募集理由の内訳の割合として多いのが「退職医師の補充」です。前任者の退職による補充のための募集は緊急性が高いことが多いので、条件面での交渉がしやすく希望の転職を叶えられる可能性が高くなります。前任者の退職の背景はコンサルタントを通してでもしっかりと確認をしておくことが必要です。
こんな先生向けです
栃木県では、「退職医師の補充」など医療機関側の都合による緊急性の高い募集が多く、他県に比べて好条件の求人に出会える可能性が高くなります。また、条件交渉もしやすくなりますので、まずは希望条件をコンサルタントにご相談ください。

3.医師紹介会社主要5社とメディウェルの求人数比較

データの説明
医師紹介会社主要4社とメディウェルの求人数の比較データです。
※「医師紹介会社主要5社との求人数比較」メディウェルカスタマーサービス調べ
データから読み取れること
メディウェルと医師紹介会社主要4社の求人数を比較からメディウェルが最も多い求人数を持っています。求人数がもっとも多い紹介会社を利用することで、最大限の可能性から希望に合った求人を探すことができます。
こんな先生向けです
効率よく多くの可能性の中から求人を探したいとお考えの先生はもちろん、忙しくて求人を探す暇がない、どんな求人がいいのか分からない先生には、コンサルタントが厳選して先生に求人をご提案しています。

栃木県担当医師転職コンサルタント

地域医療の崩壊が叫ばれる中、栃木県は必死に医師を確保しようと尽力しています。私も微力ながら、地域担当として少しでも力になりたいと常日頃から考えています。しかし、私だけの力では限界があり、ぜひとも先生方の力を貸していただきたく存じます。私事ながら、祖父母が栃木県の那須に居住しているため、他人ごとではありません。万が一病気やけがをしてしまったら...という不安を抱えながら生きていく人々を、少しでも減らしていくためにも、私は私のできることを全力で行います。先生からも遠慮なく心配事や希望をおっしゃって下さい。宜しくお願い致します。

栃木県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

栃木県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

栃木県の二次医療圏情報

無料医師転職相談はこちら

医師求人特集

ご利用者様の声

よくあるご質問