サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「北関東・甲信越エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

北関東・甲信越エリアの医師転職市場

北関東・甲信越エリアの医師転職市場

茨城県では、内科系は専門科目にとらわれない一般内科・総合内科としての勤務を求める医療機関が多いです。
一方外科系は、一般外科、消化器科としての求人は、手術を行っている施設での若手医師が多く、行っていない施設であればチームとして(2~3名)の募集ですが、全般的に少ない傾向にあります。

栃木県では、内科系は全般的に求人が多いですが、特に、腎臓内科や内分泌・代謝内科など、透析に関係のある科目での募集が多い傾向にあります。

外科系は内科系に比べると求人数は少なく、ある程度大きな病院(200床以上)でないとそもそも募集をしていない病院がほとんどですが、少ない求人数の中でニーズとして高いものは、整形外科・消化器外科、心臓血管外科・泌尿器科、産婦人科、脳神経外科となっています。

群馬県の内科系は、内科全般を診る一般内科のニーズが多い傾向にあります。
外科系では外科系の募集は100床以下の専門病院と200床以上の総合病院での募集が多く、極端に分かれている傾向があります。

山梨県の内科系は、一般内科・総合内科としての勤務を求める医療機関が多いです。専門科目のみでの勤務は難しいですが、内科全般の診療に加えて専門外来などについては柔軟に対応が可能です。
外科系については、地域の高齢化の影響もあり、整形外科医師を求める医療機関が多いです。次いで一般外科ニーズが高く、手術を行っている規模の医療機関では大学医局との連携も比較的強いので、医局への所属が必要となるケースも見受けられます。

医療行政の特徴

医療行政の特徴

茨城県では、平成18年調査時、人口10万人に対する医師数は155.1人で、全国平均217.5人を大きく下回り47都道府県中46位となっています。
そのため医師確保は急務で、地域医療支援センターが核となり医師修学資金制度などさまざまな施策を行っています。

栃木県については、栃木県庁と栃木県医師会の共同体制により、現在は研修医確保の動きが活性化しています。将来それぞれの出身県内で地域医療を担う医師を養成・確保するために、自治医科大学・獨協医科大学に県の地域枠を設定したり、医学生や研修医、若手医師を対象とした奨学金制度や離職していた女性医師の復職をサポートするシステムを設けています。

群馬県では、緊急医師確保就学資金や医師確保研修資金の活用により、医師の県内への定着を図っています。また、群馬大学と群馬県医師会の協力の下で、地域連携クリティカルパスを用い、地域の医療機関の連携強化に取り組んでいます。

山梨県では、平成20年調査時、人口10万人に対する医師数は211.8人で、全国平均を13人下回っています。
そのため、医師修学資金貸与や県内の若手医師に対する海外留学支援や、病院群(複数の病院からなる)を単位とする臨床研修プログラムの作成、山梨大学と連携して全国最多の医学部定員を設けるなど、医学生の養成・地域医療に従事する医師の確保を図っています。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

茨城県は大きく3つのエリアに分かれています。首都圏からのアクセスの良い県南エリア、特に平成17年に開通したつくばエクスプレスの沿線では人口の増加も著しく、つくば市は都市計画に基づく生活環境整備にも注力し、全国的にも人気の居住地域となっています。
その一方で、それ以外の県南(筑西、常磐線沿線、鹿島)では居住性では水をあけられている状況です。

東北新幹線が栃木県の中心を縦断しているので、東京から1時間程度という交通至便の場所にありながら、美しい自然に囲まれ、世界遺産の日光の社寺など文化的な見所も多い栃木県。医業に専心するには、うってつけの土地柄です。

群馬県は上越・長野新幹線が県の中心・県西部を通過しているため、東京から1時間程度という交通至便の場所にありながら、美しい自然に囲まれ、雄大な赤城山・榛名山など、比較的県の中心地近辺でもその風景を楽しむことができます。県西部や県北部などでは、四季折々の情景はもとより、伊香保温泉などで知られる良質な温泉にも恵まれており、観光名所としてもレジャースポットとしても、年間を通して多くの観光客が豊かな自然を堪能しています。

山梨県は大きく4つのエリアに分かれています。まず、県庁所在地甲府があり山梨県の各エリアへのアクセスが容易な中北エリア。その中北エリアから南に位置する峡南エリアは、南アルプスの山々の渓谷にあり、温泉の豊富なエリアとしても有名です。そこから東に位置する富士・東部エリアでは、天下の富士山があるため観光スポットとしての認知も高く、東京方面から山梨県に向かう入り口として公共交通機関も高速道路も充実しているため、県内随一の交通アクセスの良さがあります。最後に、その富士・東部エリアのアクセスと、住環境・医療環境の整った中北エリアの間に位置する峡東エリアでは、その恩恵も受け、アクセスと住環境の良さから中北エリアに次ぐ人口数を誇っています。

地域担当より一言

地域担当より一言

北関東・甲信越エリアは、新幹線・高速鉄道や高速道路の整備により、都内まで短時間でアクセスが可能です。美しい自然に囲まれ、観光名所やレジャースポットも多数あり、喧噪を避けてゆったりとした日常を求める先生にもお勧めです。また、地域によって医師の偏在が顕著なため、地域医療に熱意を持って取り組む医師を強く必要としています。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る