沖縄県の医師求人特集|医師転職ドットコム

メニュー
閉じる
サイト内の現在位置

沖縄県
業界最大級の医師求人

公開数162件 11/4(非公開求人は除く)

医師転職ドットコムは、沖縄県の病院・クリニック・介護施設・一般企業などの求人情報を徹底網羅。サイトで公開中の求人だけでなく、非公開求人を会員様にだけ紹介します。

沖縄県の求人紹介を受ける

沖縄県の医師求人特集 目次

沖縄県での医師転職体験談

沖縄県の医師転職体験談をすべて見る

沖縄県での医師転職市場

沖縄県の医療機関

沖縄県は、日本の南西部、かつ最西端に位置する島国で、地域性も独特ですが、医師の転職市場も独特なものとなっております。
沖縄県内には医学部を持つ大学は琉球大学のみしかなく、県内の医療機関で働かれる医師は当然、琉大ご出身の医師の比率が高いです。市場が狭いということもあり、県内でご転職をされる医師の多くはお知り合いの伝手などでご転職先を決められることが多いので、弊社のような紹介会社をご利用頂くケースは、沖縄県から県外に出たいとお考えの先生方や、県外から沖縄県に移住をしたいとお考えの先生方からご登録を頂くことが多いです。(もちろん、沖縄県内でご転職をされる医師からのご登録も頂いております)募集としましては、浦添総合病院や中頭病院といった地域の中核病院や、回復期の病院、また精神科の病院などがから求人を頂くことが多く、療養型の病院からの募集というのは、少ない状況です。給与水準としましては他県に比べ若干低い印象はございますが、その分、物価も安く、家賃などの生活費も高くありませんので、大きなマイナスになるということはないかと存じます。

医療行政の特徴

沖縄県の医療における独特の特徴としましては、県内に約40の有人離島があり、離島の医療をどのように支えるかといった点があります。離島の診療は県立病院が中心となり行っておりますが、自治医大の医師や、公募による医師を診療所に配置したりと協力体制を取りながら診療にあたっております。平成19年には離島の診療所に医師の派遣などをする、『ゆいまーるプロジェクト』を発足し、離島の診療を支えております。

また、沖縄というと長寿というイメージがあるかもしれませんが、近年、その地位に陰りが生じてきております。平成17年の調査では女性は1位となっているものの、男性は25位と平成7年の4位から大幅に順位を落としております。肥満者の割合も男女ともに大きく全国平均を上回っております。理由としましては、戦後、米国に統治されていたという影響もあり、食生活の欧米化によるものや、車社会により平均歩数の減少、また飲酒の割合が高いなどといったことがあげられます。
そのため、平成19年度末に、「健康おきなわ21」を策定しました。この政策では、メタボリックシンドロームの該当者や予備群を、24年までに10%減、29年には25%減とする等の数値目標を立てており、 長寿世界一復活へ向けて県民の健康づくりに取り組んでおります。

居住地としての特徴

沖縄は日本列島の南にあり、気候は大部分の地域で亜熱帯に属し、宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島などでは最寒月平均気温が18℃以上の熱帯に属します。年間平均気温は約22℃と高いですが、周りを海に囲まれているため、最高気温が35℃を超える猛暑日になることはほとんど無いのが特徴です。

沖縄は年少人口が老人人口を上回る唯一の都道府県であり、人口も毎年増加の傾向にございます。また2010年度の合計特殊出生率は1.87人と1975年度以来連続で全国1位を維持しております。年齢構成に関しては、14歳以下の人口の割合が17.8%と全都道府県で最も高く、また65歳以上の人口は17.4%と最も低くなっており、老年人口割合が20%以下の都道府県は本県のみとなっております。

交通としましては、公共の交通手段がモノレールとバスしかなく、車が必須となっております。ただ、那覇市内での移動でありましたら、バイクや自転車といった手段も有効かと思います。地域としましては大きく、南部、中部、北部、離島と分けることができます。医療機関の半分以上が南部に集中しており、生活環境としてはやはり南部が一番充実はしておりますが、 環境の良いところで地域医療に貢献しながら働きたいとお考えの先生にはその他の地域も大変お勧めです

沖縄県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

沖縄県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

沖縄県での医師転職に関するデータ分析

メディウェルでは、これまで転職支援をしてきた先生方の実績を集計・分析し、これから転職を希望される先生へのアドバイスに役立てています。ここでは、特にお問合せの多い、
  • ①メディウェルを利用しての転職は年収面でメリットがあるのか?
  • ②医療機関の募集事情とは?
  • ③他社にもっといい求人があるのでは?
について、データをもとに説明していきます。

1.沖縄県の医師の年収相場は?

メディウェルを利用しての転職と医師平均年収の違い

データの説明
沖縄県と全国主要都市での医師平均年収(全体とメディウェル利用時の比較)のデータになります。
※「平成17年度<医師>給与比較(都道府県・政令市立病院)」総務省自治財政局編
データから読み取れること
地域別でみると、沖縄県の医師の平均年収は他の主要4件と比較しても、約500~700万円ほど高くなっています。
こんな先生向けです
沖縄県では、全国的にみても比較的高年収での勤務がしやすく、生活費等も安くすむため、「開業資金をためるため」等、金銭面での希望を短期間で満たすために選ばれる先生方もいます。沖縄県で年収アップをご希望の場合は、交渉力・情報力に長けたメディウェルにお任せ下さい。

2.沖縄県の医療機関が医師を募集する理由

データの説明
厚生労働省データから「沖縄県の医療機関における医師募集理由」を全国平均理由と比較しました。
※「病院等における必要医師数実態調査の概要」厚生労働省
データから読み取れること
全国と比較し、沖縄県の募集理由の内訳の割合として最も多いのが「現員医師(勤務医)の負担軽減」という理由になっています。「現員医師の負担軽減」のための採用ですので、医師数や業務負担についても他の地域に比べ満足のできる内容だと考えられます。
こんな先生向けです
沖縄県では、「現員医師の負担軽減」など医師の待遇面に考慮した医療機関が多くみられます。これまで一人当たりの医師の業務負担が大きく、もっとゆったり働きたいとお考えの先生には、お勧めできる求人が多数ありますのでコンサルタントにお気軽にご相談下さい。

3.医師紹介会社主要5社とメディウェルの求人数比較

データの説明
医師紹介会社主要4社とメディウェルの求人数の比較データです。
※「医師紹介会社主要5社との求人数比較」メディウェルカスタマーサービス調べ
データから読み取れること
メディウェルと医師紹介会社主要4社の求人数を比較からメディウェルが最も多い求人数を持っています。求人数がもっとも多い紹介会社を利用することで、最大限の可能性から希望に合った求人を探すことができます。
こんな先生向けです
効率よく多くの可能性の中から求人を探したいとお考えの先生はもちろん、忙しくて求人を探す暇がない、どんな求人がいいのか分からない先生には、コンサルタントが厳選して先生に求人をご提案しています。

沖縄県担当医師転職コンサルタント

沖縄は観光地としても魅力的なところではございますが、居住地としても上記のように若者が多く活気があり、お勧めの地域となっております。
弊社にご登録頂く先生方もマリンスポーツが好きなお若い先生や、暖かいところでゆっくりと働きたいというご希望を持たれたご年配の先生方まで幅広くご登録を頂いております。
また、短期間だけ沖縄で勤務をしたいということで、沖縄に来られる先生も沖縄の環境に魅了され、そのまま定着してしまうことも多々ございます。県内の先生はもちろん、特徴ある沖縄の地域で働きたいとお考えの県外からの先生も、お気軽にお問合せください。

沖縄県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

沖縄県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

沖縄県の二次医療圏情報

無料医師転職相談はこちら

医師求人特集

ご利用者様の声

よくあるご質問