宮崎県の医師求人特集|医師転職ドットコム

メニュー
閉じる
サイト内の現在位置

宮崎県
業界最大級の医師求人

公開数127件 12/4(非公開求人は除く)

医師転職ドットコムは、宮崎県の病院・クリニック・介護施設・一般企業などの求人情報を徹底網羅。サイトで公開中の求人だけでなく、非公開求人を会員様にだけ紹介します。

宮崎県の求人紹介を受ける

宮崎県の医師求人特集 目次

宮崎県での医師転職体験談

宮崎県の医師転職体験談をすべて見る

宮崎県での医師転職市場

宮崎県の医療機関

宮崎東諸圏域(宮崎市・清武町・国富町・綾町)には宮崎大学病院、県立宮崎病院をはじめ、県内他地域では行えない悪性腫瘍、重症度の高い患者さんの治療を行うための設備・人員があり、県内から重症患者、高度先進医療が必要な患者さんが集まっております。また、ERの機能を備えた救急病院、複数の診療科を有する地域の中核総合病院、亜急性期~回復期に力を入れたケアミックスや回復期リハビリテーション病院、療養型病院、在宅専門クリニックなど複数の医療形態を備えた病院がございます。そのため、各科専門家としてのご勤務をご希望の医師、専門医等資格取得希望医師から、かかりつけ医としてプライマリーに患者さんと向き合うお仕事まで幅広くご紹介可能です。

一方、宮崎県北部圏域、日向入郷圏域、西都児湯圏域、都城北諸圏域、西諸圏域、日南串間圏域においては、医師数が東諸圏域と比べ不足していることもあり、東諸圏域の中核・基幹病院と病診連携を取りながら診療を行っております。また、地域の患者さんの高齢化が進んでいることもあり、急性期~亜急性期・回復期~慢性期/在宅と各高齢者施設も活用しながら医療と福祉・介護3側面よりシームレスに切れ目のない医療を患者さんに提供している医療機関が多く、プライマリーケアを担って頂ける医師を強く募集されております。

各地域の中核・基幹病院、専門病院を除いては、プライマリーケアを本軸に各先生のご専門の腎臓内科(人工透析)、整形外科、消化器科、呼吸器科などのスキルを発揮して頂き、一医療機関としてではなく、地域で患者さんを診ていくことが必要な地域もあります。そのため、地域医療に取り組みたい、総合診療医を目指したい、プライマリーに患者さんを診ながら、一人の患者さんとじっくり向き合いたいという先生にはお薦めの環境です。また、2013年2月現在の状況と致しまして、全国的にも絶対的なニーズの強い内科医を除き、専門科として、県内に医師が少ないこともあり、人工透析の指導医/専門医、人工透析の管理が可能な先生、放射線治療医が強く求められており、県内の基幹病院からも求人が出ている状況です。

医療行政の特徴

宮崎県における総医師数は2,653人(平成22年12月末現在)であり、平成20年12月末現在は2,602人、その2年前の平成18年現在は2,557人と50名程度ずつ順調に医師の増加が行われており、また、人口10万人当たりの医師数で見ると、全国平均が224.5人であるのに対し、233.74人と全国的平均を若干上回っております。しかしながら、県内の医師の内、過半数以上、全体数の52.8%が宮崎東諸県圏域に集中しており、宮崎県北部圏域、日向入郷圏域、西都児湯圏域、都城北諸圏域、西諸圏域、日南串間圏域いずれにおいても、人口10万人当たりの必要医師数を満たしておらず、医師の地域偏在が顕著ということに目をつぶることが出来ない状況となっております。

また、医師の年齢構成を見ても、40~50代の医師の割合が全国平均と比べても高く、20~30代の医師の割合が低く、(平成22年12月現在で、34歳以下の若手医師は347人であり、人口10万人当たりの若手医師数の統計で見ても全国45位と下位3位の数値となっております。)これらの要因として、県内唯一の医師養成機関である宮崎大学医学部において県内出身学生の割合が一時期低かったこと、そして臨床研修医が全国平均と比べても少なかったことが挙げられ、宮崎大学医学部については、地域枠や地域特別枠の導入をし、それにより20~30代の若手医師の確保・県内定直を目指しております。

若手医師の不足という現状と医師不足の解消のために、県組織においても「医師確保担当」部門の新設を図るとともに、宮崎大学、県医師会、市町村と構成する「宮崎県地域医療支援機構」を設置し、将来の地域医療を担う医学生に対し、宮崎で臨床研修を行ってもらえるよう働きかけるとともに、将来にわたってキャリアアップの支援、4疾病6事業に係る専門医や指導医が不足していることからこれら専門医や指導医の育成、資格取得のためのキャリア形成支援、そして他医療従事者のキャリア形成を支援し、それに要する費用を支援する体制を取っております

居住地としての特徴

宮崎県は太平洋に面し、三方を山に囲まれて豊かな自然と温暖な気候に恵まれまさに日向国(ひゅうがのくに)である。日州,また向州と呼ばれることもある。宮崎の気候風土は,「高温多雨晴」(南海型気候区)と「台風」の通り道という「自然の実り」と「災害」という,二律背反性を持ち合わせている。

宮崎県の面積は7,734㎢。2009年(平成21年)12月1日現在の人口は1,132,225人(男:531,209人 女:601,016人)世帯数:467,273世帯です。

宮崎の奥座敷といわれる綾町周辺は日本一の照葉樹林の自然があり,水面からの高さ142m,歩道吊り橋としては世界一の綾の照葉大吊橋があります。
九州の東南端に位置し、総面積は7,735㎢で全国14位の広さを誇る県です。特徴としては、県内総面積の内、森林が76.1%、農地が9.1%を占め、県の東部は、南北約4,000㎞に及ぶ海岸線が日向灘に面し、日向灘に向かって県域全体が開いた形となっております。

日向灘はサーフィンのメッカにもなっております。平均気温が高く、日照時間や快晴日数が全国でもトップクラスにある温暖な気候条件で、平野部においては雪が降ることも稀です。宮崎県の総人口は1,142,636人ですが、このうち3割を超える37万人が宮崎市に居住し、都城市及び延岡市を加えた3市に6割近い約67万人が居住しています。

公共の交通機関がまだまだ発達途上にあり、人口千人当たりの自動車保有台数が約790台(全国10位)と高く、道路交通への依存度が高い点も特徴の一つです。(※高速自動車道は、宮崎市までの九州縦貫自動車道は全線整備されていますが、東九州自動車道は都農町までしか開通しておらず、2014年までに延岡までの開通・完成を見込んでいます)

宮崎県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

宮崎県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

宮崎県での医師転職に関するデータ分析

メディウェルでは、これまで転職支援をしてきた先生方の実績を集計・分析し、これから転職を希望される先生へのアドバイスに役立てています。ここでは、特にお問合せの多い、
  • ①メディウェルを利用しての転職は年収面でメリットがあるのか?
  • ②医療機関の募集事情とは?
  • ③他社にもっといい求人があるのでは?
について、データをもとに説明していきます。

1.宮崎県の医師の年収相場は?

メディウェルを利用しての転職と医師平均年収の違い

データの説明
宮崎県と全国主要都市での医師平均年収(全体とメディウェル利用時の比較)のデータになります。
※「平成17年度<医師>給与比較(都道府県・政令市立病院)」総務省自治財政局編
データから読み取れること
地域別でみると、宮崎県の医師の平均年収は他の主要4件と比較しても、200~300万円ほど高くなっています。
こんな先生向けです
宮崎県では、全国的にみても比較的高年収での求人が多く、生活費等も安くすむため、「開業資金をためるため」等、金銭面での希望を短期間で満たすために選ばれる先生方もいます。宮崎県で年収アップをご希望の場合は、交渉力・情報力に長けたメディウェルにお任せ下さい。

2.宮崎県の医療機関が医師を募集する理由

データの説明
厚生労働省データから「宮崎県の医療機関における医師募集理由」を全国平均理由と比較しました。
※「病院等における必要医師数実態調査の概要」厚生労働省
データから読み取れること
全国と比較して、宮崎県の募集理由の内訳の割合として多いのが「休診中・休床の再開」、「救急医療への対応」となっています。目向きな理由で採用を検討する医療機関が多いので、やりがいをもって勤務できます。また、再開したい科目の先生であれば、その科の中心となりご自身の裁量で診療を行うことができます。
こんな先生向けです
宮崎県では、救急対応や休診している診療科や病棟を一から再開して作り上げていきたいと考えている医療機関が比較的多い為、「自分の裁量で診療を行いたい」「科の中心となって診療を行いたい」など、やりがいを求める先生に適しています。

3.医師紹介会社主要5社とメディウェルの求人数比較

データの説明
医師紹介会社主要4社とメディウェルの求人数の比較データです。
※「医師紹介会社主要5社との求人数比較」メディウェルカスタマーサービス調べ
データから読み取れること
メディウェルと医師紹介会社主要4社の求人数を比較からメディウェルが最も多い求人数を持っています。求人数がもっとも多い紹介会社を利用することで、最大限の可能性から希望に合った求人を探すことができます。
こんな先生向けです
効率よく多くの可能性の中から求人を探したいとお考えの先生はもちろん、忙しくて求人を探す暇がない、どんな求人がいいのか分からない先生には、コンサルタントが厳選して先生に求人をご提案しています。

宮崎県担当医師転職コンサルタント

県内の交通の便の悪さもあり、
「医師不足」、「医師の地域偏在」、「地域(僻地)医療」という言葉が挙がりますが、
■医療に対する強い思いや信念があり、自分たちが満足できる医療を行いたいと医療体制を作り、運営をしている医療機関
■地域の患者さんのトータルケアを行いながら、地域に貢献する為、そして患者さんのQOLの向上の為に全力を注ぎながら、今現在出来ることとしてリスクマネジメント等を他院以上に勉強し、取り組んでいる医療機関
■新しい取り組みや医療体制の構築に柔軟な医療機関
■コメディカルをはじめ、職員の仲が非常によく、活気ある医療機関
・・・など、一つ一つの医療機関において独自且つ独特の特徴があり、複数の医療機関を見ながら、この先10年で大きな変貌を遂げるだろうと感じる医療機関もたくさんございます。
県内でお勤めの先生でも、医局の関連病院、勤務経験がある医療機関、知人がいる医療機関以外は身近にあっても内容や医療機関自体知らないということも多くあるかと思い、私の仕事はそのような医療機関の個々の特徴を把握し、それを先生にお伝えしながら、先生にとって一番理想的且つベストな職場を一緒に探すことだと思っております。
医療機関と先生のご縁を結びながら、宮崎県という地域、そして地域の方々がより良い医療を受けられ、QOLの向上に少しでもお役に立つことが出来ればと思っております。
求人や転職動向・市場のお問い合わせをはじめ、転職に際しまして感じる不安や懸念点、先生個人のご希望も含め、ご遠慮なく何でもご相談くださいませ。

宮崎県で業界最大級の求人数から
ご希望にぴったりの求人をすぐご紹介いたします。

宮崎県の
プレミアム非公開求人の紹介を受ける

宮崎県の二次医療圏情報

無料医師転職相談はこちら

医師求人特集

ご利用者様の声

よくあるご質問