産業医の仕事

医師には、産業医として働くという選択肢もあります。医師と聞くと、病院で患者を治療するといった、いわゆる臨床医のイメージが強いかもしれませんが、産業医は、企業に属し、そこで働く従業員の安全と健康を守ることを目的としています。そのため、あまりやりがいを感じないのでは?と思っている医師も、きっと少なくないと思います。

産業医の場合、企業に属する一人として、社内で円滑な人間関係を築けるような人が望まれますので、極度に一本義な性格であったり、意気込みが強すぎたりすると、あまり歓迎されない傾向もあるようです。今まで臨床医として勤務してきた人にとって、産業医として働くということは、医師としての役割が違いすぎて戸惑ってしまうかもしれませんね。

そのような要因も手伝って、必要とする企業は多いものの、昨今は産業医の人材が足りていないようで、非常勤で臨床医が請け負っているケースも多いのが現状のようです。しかしながら、臨床医には当然本業があるわけですから、もし急に自分の患者の体調が急変したりした場合は、そちらを優先してしまうことになりますね。

これらの要因により、昨今では産業医としての求人がとても多く見受けられますので、好条件の求人も比較的見つけやすいと思われます。お給料の面でも臨床医と同じぐらいの水準ですし、それでいて、疲労度や労働時間でみても、臨床医に比べるとずいぶん軽減されるのではないでしょうか。

臨床医のような、忙しく患者の命を守るスタイルもカッコ良くてやりがいがあるかもしれませんが、医師としての需要はそれだけではないのです。医師でありたい反面、自分の時間はきちんと守りたい…という人にとって、産業医というカテゴリーは、捨てがたく魅力的な選択肢ではないでしょうか。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。