医師の退職について

昨今、医師不足が深刻な問題となっていますが、大学病院はもとより、一般病院はさらに深刻な状態です。医師の退職については、収益をはじめ患者や他の勤務医に大きな影響を与えますから、退職を表明した医師は、様々な引き止め工作にあうことが多くあります。

例えば、代わりの医師の手配はタイミングもあり難しい場合が多く、代わりの医師が見つかるまで勤務の継続を依頼されることも少なくありません。

その他、給与を初めとした待遇の改善の提案があったり、患者をたてに医師としての使命感に訴える場合や、義理をたてに圧力を加えるなど、あの手この手で引き止めが行われるのです。このように医師の退職については困難が多く、強い決意が必要とされ、特に大学医局から退局するのが容易に行かないということは少なくありません。

しかし、どんな場合もできるだけ円満に退職できるよう、医師の退職については慎重に行動する必要があります。退職する際には、申し訳ないという真摯な気持ちを伝えるとともに、原状の不満を訴えるのではなく、どうしてもやむを得ない状況での退職であるということを伝え、理解してもらうようにしましょう。

退職届は、退職届を提出してから実際の退職まで2週間とされていますが、あまり早すぎても居づらくなってしまいますし、遅すぎれば迷惑をかけてしまいますので、実際に退職する日の3か月前くらいを目安に責任者に退職の意思を伝え、理解してもらうことで、常識的な期間として考えることができ、円満退職へとつながっていくと考えられます。退職の意志を通すにも気苦労を感じることでしょうが、固い意志に変わりがないよう心がけておくことも大切であるといえるでしょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。