大学病院の勤務医の年収は?

大学病院で勤務医として活躍している人たちもいます。
大学病院で仕事をすれば、いろいろと最新の研究や治療に携われると考えている人も多いようです。
そこで、大学病院への就職を希望する人も結構多いようです。

ところで、大学病院に就職した場合、どれくらいの収入を稼ぐことができるのでしょうか?
大学病院の医局に勤務する医師の平均年収を見てみると、20代後半から30代後半にかけては300~600万円といったところが相場になるようです。

ここから給料をアップさせるためには、昇格していく必要があります。講師になれば、年収は700万円台くらいになります。
そして、助教授になると、年収は800万円台になるのが相場です。
最終的な地位としては、教授があります。教授に昇進することができれば、年収が1000万円台になります。

一般的な病院の勤務医を見てみると、スタート時点の給料が年収で600~800万円程度に設定されているところが多いです。
そして5~10年程度のキャリアを積めば、年収が1000万円を超えてくるケースが多くなります。
こうしてみると収入の面では、大学病院の勤務医は決して有利な状況にあるとは言えません。

教授になるといっても、黙ってキャリアを積み重ねれば誰もがなれるものでもありません。
中には、40代くらいに差し掛かったところで、年収1000万円に乗せたいと思っている人もいるかもしれません。
そのような場合には、大学病院よりは市中病院に勤務をした方が、その夢を実現できる可能性は高いといえます。

もし、好案件の大学病院の募集を探すのであれば、転職エージェントなどに相談してみましょう。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。