医師の働き方

科目不問で転職できる医師求人にはどのようなものがあるか?
常勤でも科目不問で勤務できる求人がある  「科目不問」の求人、というと当直や健診などのアルバイト勤務のことを想定する医師が多いと思います。実際に当直勤務あっても、救急対応や急変時の...すべて読む
転勤する勤務医の実状
医師の転居や転勤についてお調べの方へ。下記の最新記事を是非ご覧ください。 ・医師に転居はつきもの?転居に関する医師1,791名のアンケート結果 ・引っ越し時の面倒な手続きもこれで大...すべて読む
知られざる医師の実態
医師の勤務実態に関する情報は「医師の当直の実態とは?1,649人の医師のアンケート回答結果」をご確認ください。 医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給...すべて読む
医師という職業の辛い部分とやり甲斐との間で考える転職
転職のサポートなら 我々医師転職ドットコムは、研修医の立場の先生からキャリアを積まれたドクターの立場の先生まで、医者という職業に従事されている先生方すべての転職を支援、サポートして...すべて読む
子育てと仕事を上手く両立させている女医の例
「子育て・女医」に関する情報は「医師の生涯学習とキャリアの選択 第2回 「医者」として正しい専門医へ」をお読みください。 女医は結婚すると、出産、子育ての問題が出てきますがどのよう...すべて読む
病院を退職したあと
強い信念と理想を抱いて、取得した医師免許。しかし医師としてのキャリアを積むのは大変なことです。 医師の仕事は人の命を預かり、社会的な責任を背負いつつ、常に新しい情報を吸収して日々邁...すべて読む
病院の福利厚生について
人命を預かる医師の仕事は社会的な責任をもっていますし、精神面でも体力面でもハードワークになっています。このような医師にとって病院の福利厚生は仕事や私生活をスムーズに、より楽しく過ご...すべて読む
病院内保育園がある環境
働く女性医師にとって病院内に保育園があるかないかでは生活に大きな違いをもたらします。子どもはいつなんどき熱を出したり体調を崩すかわかりません。 病院外の保育園に預けている場合、保育...すべて読む
医師の退職について
「医師の退職」に関する最新情報は「医局を辞めようと考えたら?医師の転職事例に学ぶ、退局の方法と注意点」をご確認ください。 昨今、医師不足が深刻な問題となっていますが、大学病院はもと...すべて読む
女医の結婚に医局が障害となる
医局とは、同一 診療科の医師グループのことで、研修医の教育機関でもあることから、臨床のみならず、研究、教育、医師の人事など様々なことをつかさどっています。 女性の医師が、出産後も勤...すべて読む
女医の出産について
女性は、妊娠と出産と子育てがあるため働いている人は休暇を取る事や退社したりなどの対応をしなくてはいけません。激務とされている女医の方で出産はどの時期にしたらいいのか悩む人は大勢いる...すべて読む
女医が結婚を考えるタイミング
女医・結婚に関する最新情報は「女性医師はプライベートでも仕事でも幸せになれる~女医コンのススメ」をお読みください。 女医だからといって結婚のタイミングを考えないわけではありません。...すべて読む
「ずっと非常勤も、ありかもしれない」医師としての自分の人生を・・・
医師が転職を行う場合には、医師の募集のサイトを利用するのがおすすめです。最近では、インターネットでどのようなことでも調べることができるようになっています。 医師の募集のサイトは、紙...すべて読む
医師の勤務時間は長い?
人々の健康を管理するのが仕事の医師ですが、こと自分の健康管理には無関心な人が多いようです。 「医者の不養生」という言葉がありますが、まさにその通りの人も多いです。 自分自身の問題で...すべて読む
医師としてのキャリアプランと結婚
社会人になるときには、どのようなキャリアプランを構築するかということがとても重要になります。 医師の世界も例外ではなく、キャリアプランを真剣に構築する必要があります。 将来自分がど...すべて読む
医院開業支援にかかるコスト
最近では自分でクリニックを経営する医師も多くなってきています。クリニックを経営するときには、医師としての腕以外でも経営センスが必要になります。 また、開業をするにあたっては、開業場...すべて読む
医局の組織について
大学医局に関する現状と医局を辞める時によくあるトラブルについては「医局を辞める方法と注意点とは?」をご確認ください。 医師として仕事をしていくためにはある意味欠かせない存在があると...すべて読む
初期研修医の指導医になること
初期研修医は、まだまだ医師の卵といっていいと思います。 初期研修医に対して、指導医がつくわけですが、これがなかなか大変です。 初期研修医の場合、医学部でいろいろと実習をしているかも...すべて読む
勤務医と激務と健康
医師というのは、常に患者の容体の急変に対処する必要があります。また、救急病院になると、24時間急患の受付を行わないといけません。 そうすると夜勤などを担当することもあって、休む暇が...すべて読む
教授回診は本当にあるのか
医療物のテレビドラマは、すでにいくつも放映されています。その中でも、教授の回診シーンが放映されることがあります。 教授が、看護師や准教授以下の医局員などを連れて、患者を回り回診をす...すべて読む

全106件中 1〜20件目を表示

1 2 3 4 5 6

無料会員登録はこちらから

おすすめ記事

内科で開業した場合の本当の年収とは

開業医の年収に関する最新情報は「医師が得する”お金”のハナシ 第11回 【2017年版】診療科別・医師の年収比較~給与の高い科目はここだ!」をご確認ください。 内科の勤務医と開 ...すべて読む

皮膚科の開業医が得る年収の本音、直面する理想と現実とは

開業に関する最新情報は「ファイナンス視点で考える、失敗しない“開業”のススメ 第1回:データからみるクリニックと医師」をお読みください。 皮膚科医であれば誰でも考える「開業」 現在、皮膚科医として勤務 ...すべて読む

精神科は開業をすれば年収が上がるのか

開業に関する最新情報は「ファイナンス視点で考える、失敗しない“開業”のススメ 第1回:データからみるクリニックと医師」をお読みください。 精神科医の必要性 医師の中でも精神科医は、ストレスやうつ病が社 ...すべて読む

美容整形外科で働く医師の年収

美容外科に関しては「美容外科医師の求人・転職市場」をご確認ください。 美容整形外科の医師は他の科の医師よりも年収がよいといわれています。外科や内科など他の科に勤める勤務医の平均年収は、大体1200万円 ...すべて読む

開業医としての耳鼻科の年収について

開業に関する最新情報は「ファイナンス視点で考える、失敗しない“開業”のススメ 第1回:データからみるクリニックと医師」をお読みください。 耳鼻科の開業医の状況 耳鼻科は内科や小児科などに比べると、専門 ...すべて読む

年収と待遇から考える小児科の開業とは

開業に関する最新情報は「「ファイナンス視点で考える、失敗しない“開業”のススメ」第2回:開業のリスクとメリット」をお読みください。 開業医か勤務医か 現在、日本の小児科医、特に勤務医の小児科医に関して ...すべて読む

医師の休日はどれぐらいあるのか

医師の働き方に関する最新情報は「弁護士が教える医師のためのトラブル回避術第15回 「残業時間の上限100時間」と医師の働き方&残業時間の行方」もご確認ください。 医師の労働条件は過酷です。とりわけ勤務 ...すべて読む

転勤する勤務医の実状

医師の転居や転勤についてお調べの方へ。下記の最新記事を是非ご覧ください。 ・医師に転居はつきもの?転居に関する医師1,791名のアンケート結果 ・引っ越し時の面倒な手続きもこれで大丈夫!医師が転居・転 ...すべて読む

臨床医と研究医

「研究医」に関する最新情報は、「母で医師だからわかること~壁があったからこそ見えたもの 前編 医師としてのアイデンティティークライシスからの留学、 そして被災地で学んだこと」をお読みください。 医師は ...すべて読む

脳外科医の年収

医師の診療科別の年収に関する情報は「医師が得する”お金”のハナシ 第11回 【2017年版】診療科別・医師の年収比較~給与の高い科目はここだ!」をご確認ください。 脳外科には、 ...すべて読む