臨床医と研究医

医師は大きく2つのタイプに分類することができます。それは、臨床医と研究医の2つのタイプです。
臨床医とはいわゆる私たちがイメージするお医師さんのことをさします。
患者に接して病気の治療や予防するにあたってのいろいろな指導を行います。

臨床医の中でも、どこで仕事をするかによって業務内容は変わってきます。大学病院や総合病院の場合、細かく診療科目が分かれています。
それぞれの診療科目を担当して、専門的な治療を実施していきます。

その他には、クリニックのような個人で開業しているような医療機関もたくさんあります。この場合、やってくる患者もいろいろな症状を抱えて訪れるケースが多くなります。そこでいろいろな病気や症状に対処できるようにしておかないといけません。
クリニックのような小さな規模の医療機関で仕事をする場合には、広い医療知識が必要になると思ってください。

研究医とは、大学などで医療に関しての研究を担当する医師のことを指します。医療はかなりのレベルにまで発達していることはしていますが、一方でいまだに治療法や病気のメカニズムの分かっていないものもあります。
このようなまだ治療法が確立されていない症状に対して、新しい治療法を見つけるのが研究医の主な仕事内容になります。また、感染症は、次から次へと新しいウィルスを媒介して発生するものです。
この感染症を予防するためにはどうすればいいかについての研究を行うのも、研究医の役割の一つになります。研究医は、常に研究や実験を繰り返した上で何か発表できるような結論に至った場合には、論文を作成します。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。