サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「九州エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

東北エリアの医師転職市場

東北エリアの医師転職市場

青森県では、内科・外科とも、特化した科目での募集よりも、一般内科・総合内科・一般外科などの募集が多い傾向にあります。

岩手県は、内科ではさまざまな科目でニーズがあります。一般内科で広く診たい方も、専門に特化して働きたい方も、ニーズがあります。
一方外科では、一般外科として外来も担当いただき外科的な視点から見てほしいなど、手術のない働き方を希望されるところがほとんどです。

宮城県では、内科・外科とも一般内科・一般外科の募集が多いです。精神科については、仙台市内では精神保健指定医をお持ちの方が対象の求人が多く、市外では精神保健指定医の取得を目指す方歓迎の求人があります。

秋田県では、内科では秋田周辺(秋田市・潟上市・男鹿市)と横手市は比較的医師数が多いですが、それ以外のエリアだと専門的な働き方が相談できるところがあります。
外科は、症例数の多い医療機関のほとんどは秋田大学等の大学医局派遣から構成されており、医局派遣以外の医療機関である程度の症例数をと考えると、県内全域に範囲を広げても数は限られます。

山形県では、内科分野では専門科目のみの勤務は難しいですが、、「専門的な処置が必要かどうかの判断を専門の医師に」というニーズから「一般内科+専門科目」の募集が他県よりも多いです。
外科は他県同様、強い専門性を必要とする求人は少なく、一般外科として外来なども担当し、外科処置は院内で対応可能な軽度もののみ行うという募集が多いです。

福島県では、内科・外科ともに一般内科・一般外科だけでなく、専門科目もさまざまなエリアで募集しています。東日本大震災及び原発事故の影響で、小さな子どものいる世代の30代40代の方が、浜通りに限らず、福島県から離れたことに起因しています。

東北医療行政の特徴

医療行政の特徴

青森県では、県の取り組みとして、青森県へUターンやIターンし公的医療機関にて勤務してもらえるよう、「あおもり地域医療・医師支援機構」を平成17年に設立しています。

岩手県は県立病院が多いので、県立病院を中心に岩手県内に医師を招聘するよう、県の機関として岩手県医療局が動いています。

宮城県では県で職員として採用し、市町村立の病院へ医師を派遣しています。ほかにも、宮城県内の自治体病院に勤務意思ある医学生に奨学金の貸し付けも行っています。

秋田県では、「ドクターバンク」という、県内で勤務希望している医師に向けた職業紹介を行っています。そのドクターバンクでは公立病院、民間病院にかかわらず、求人を掲載し、県外から医師を集めています。

山形県は山形大学と連携を取り、県内に勤務している医師の定着を目指した「山形方式・医師生涯サポートプログラム」を行っています。

福島県では県が運営するドクターバンクふくしま(公的病院と民間病院の科目別求人を広く掲載)や、福島県へき地医療支援などがあります。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

青森県の人口は約140万人で、青森市(約30万人)、八戸市(約24万人)、弘前市(約18万人)に県人口の約半分が集中しています。気候は青森市、八戸市、弘前市でそれぞれ異なっており、例えば、青森市で積雪が1mの時には、弘前市は50cm、八戸市ですと雪がほとんどないなんてこともあります。それぞれの市に進学校があり、必ずしも県庁所在地でないと、と言うことはありません。

岩手県は約130万人住んでおり、盛岡市には約30万人が住んでいます。奥州市・一関市は約13万人、花巻市が約10万人の順に岩手県内の市区町村で人口が多くいます。これらを県の地図上に表すと、盛岡市より南のエリアに人口が集まっていることがわかります。

高校の偏差値で見てもその傾向が出ており、盛岡市、花巻市、一関市に進学校がある教育環境です。

仙台市の魅力は、仙台市内でさまざまなことが完結できる一極化です。例えば、仙台市には楽天イーグルス(野球)やベガルタ仙台(サッカー)、仙台89ERS(バスケットボール)などの拠点があり、迫力あるプレーを近くで見られます。また、仙台駅から車で30分も移動すれば、釣りやウインタースポーツができるなど、都会で有りながら、自然の中での遊びも堪能できます。もちろん教育環境も整っており、公立高校では、仙台第二高等学校や宮城第一高等学校、中高一貫校の仙台二華中学校・高等学校などがあり、大学進学を目指している学生が多くいます。またスポーツで有名な東北高校や仙台育英高校にも進学コースが有り、国公立大学への進学者が多いです。

秋田県の人口は約110万人おり、秋田市の人口が約30万人である以外は、横手市、大館市、由利本荘市、大仙市が約8万人~10万人未満の規模です。それぞれの町に魅力があります。それぞれの町の季節ごとの催しを、ぜひ、体験してもらいたいと思います。

山形県内には約120万人が生活しています。もっとも人口が集中しているのは山形市の約25万人です。次が鶴岡市の約14万人、次いで酒田市の約11万人です。市区町村別の人口で見ると、いろいろなエリアに患者が点在しているように見えますが、診療圏別(村山地方(山形市周辺)、最上地方(山形県北東部)、置賜地方(山形県南部)、庄内地方(山形県北西沿岸部))で人口を確認すると、村山地方に山形県の人口の約半分が集中しています。

福島県の人口は平成25年1月時点で約200万人います。震災の影響で県外へ移られた方もいますが、単純に福島県の人口を見るとその数は約9万人ほどで、宮城県に次いで今も人口の多い県です。

地域担当より一言

地域担当より一言

青森県は東北の中で、10万人対医師数で見ると最も医師数が少なく、関東から最も離れている県です。他県よりも一層、医師を必要としています。

岩手県と言えば、東日本大震災を思い浮かべる方が多くいらっしゃるでしょう。ある病院関係者は、震災前よりも沿岸エリアの医師数は増えたけれども、5年後・10年後、その方々がその地で医療を続けてくれるかを危惧しています。

震災以降、宮城県で働きたいという方も多くいますが、基本的に仙台市に住み、仙台市内の医療機関に勤めることがほとんどです。

震災をきっかけに宮城県に関心を持ち、その結果として、宮城県で医療を行ってもらえるのは、大変嬉しいことです。しかし、震災の影響だけに目を向けるのではなく、宮城県そのものに目を向け、宮城県で転職をご検討の際には、沿岸エリアはもちろん、仙台市以外の内陸地の病院もぜひ、検討いただければと思います。

秋田県は雪が多く雪国特有の大変さは確かにあります。ですが、生活する上では物価が安く、自然環境がすぐ近くにあるなど、都会とは違った魅力が多くあります。

山形県は全国平均よりも医師数が少なく、また医療機関の偏在化が顕著な県です。そのため、県も外からの医師確保以上に、県内に勤務している医師の定着を推進しています。

東北エリアは、医師数が不足しているエリアです。なかでも福島県は、東日本大震災だけに留まらず、福島原発の影響もあり、なかなか足が向かないエリアです。しかし、福島県には多くの患者がおり、医療とそれを行う医師を強く求めています。

医療は、その性質上、人が生活する上で必要不可欠なものです。 東北エリアでは、安心して暮らせる環境づくりに貢献して下さる方をぜひとも必要としています。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る