サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「近畿エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

近畿エリアの医師転職市場

近畿エリアの医師転職市場

近畿エリアの特徴として、都市部など比較的医療圏が密集しているところでは、主に大学の医局派遣で構成されている医療機関も多く、外科系の先生にとっては医局を避けて転職先を探すのが難しいという傾向があります。
しかし新臨床研修制度が始まり、かつては一つの大学で運営していた病院で急に人員不足となったところがあるなど、外部からの入職が可能な場合もあります。

その一方で、郊外や過疎地域などでは慢性的な医師不足に悩んでおり、各府県が窓口となり外部招聘に積極的で、内科系・外科系を問わず、地域医療に取り組む熱意のある医師が求められています。

給与相場としては、全般的に医療機関が密集しているところほどやや低く、例えば兵庫南部では10年目で1,300万円ラインが多くなっています。
逆に、ややアクセスしづらい郊外地域ほど高いという傾向があり、滋賀湖西エリアでは10年目で1,500~1,600万円を提示する医療機関もあります。

近畿医療行政の特徴

医療行政の特徴

医学部のある大学の近くや都市圏では医療機関が多く、救急医療の役割分担が整いつつあります。
大阪府や兵庫県、和歌山県などでは救急の機能分化に尽力しており、救急難民をなくすことに重点を置いたさまざまな施策を行っており、例えば大阪府内では、総合周産期ネットワークシステムがあります。
産婦人科医師の不足が全国的に問題となっている中、周産期医療に取り組んでいる医療機関では周産期救急の連携に取り組んでおり、数々の医療機関でかかりつけの妊婦とは異なる妊婦の緊急分娩搬送受入のサポートを行っています。

医師不足が続く郊外や過疎地域では、現状を打破するため、近隣の他府県の大学や医療機関と連携を進めているところや、地域医療に取り組む熱意のある医師を県職員として公務員採用するなど、独自の施策を行っている府県もあります。
例えば奈良県では、国保診療所の院長を招聘するドクタープール制度を採用しており、県職員=公務員として内科・外科の別なく幅広い医療に従事する医師を求めています。
また、和歌山県ではドクターバンク制度を設け、県として職員採用で各エリアに赴任させる制度を設けています。
こちらも奈良県と同様、公務員としての派遣となり、総合診療的にトータル医療を目指したいという先生にとっては非常にお勧めの制度です。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

近畿エリアは、都市部では鉄道や空港など交通インフラが十分に整備されており、どこへ行くにも非常に便利です。
そして、郊外へ少し足を延ばすと豊かな自然にあふれたレジャースポットが多数あり、マリンスポーツやゴルフなど、充実したプライベートライフを送ることができます。
京都・奈良など歴史的建造物や重要文化財を数多く有する古都もあり、観光地としてもとてもオススメです。

また、京都大学や灘高校などをはじめ、全国でも名の通った高校・大学が多数あり、お子様の教育環境としても非常に充実しています。

地域担当より一言

地域担当より一言

大阪は梅田、兵庫は神戸に代表される大都市圏、京都・奈良など日本有数の古都、日本一の大きさを誇る琵琶湖など、近畿エリアにはそこでしか得られない体験・経験があり、また、地域に応じたさまざまな生活スタイルがあります。
先生のご希望に沿った案件を必ず提案できると思いますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る