教授回診は本当にあるのか

医療物のテレビドラマは、すでにいくつも放映されています。その中でも、教授の回診シーンが放映されることがあります。
教授が、看護師や准教授以下の医局員などを連れて、患者を回り回診をするシーンです。
ぞろぞろと人が連なって移動するので、大名行列のように揶揄されることもあります。

ところで、このような教授による回診は本当に実際の医療の現場でも行われていることなのでしょうか?

結論からいうと、既に過去の慣習となっている医局もあれば、現在も実際に行なわれている医局もあるという状況になっています。

過去の慣習となっているところでは、医局員が少なくなってしまった影響で、教授が一人で回診しているような場合もあります。
一方で医局の権威が健在のところでは、ドラマで描かれるのに似たような教授回診(下記)が今も行われています。

<教授回診に関する医師のコメント>
・教授回診は基本ダッシュ(30代男性・整形外科、大学医局に所属している)
・患者さんのためより、教授回診のために検査をするなどが多く、教授の理不尽な要求に振り回されることが多かった(50代男性・一般外科、過去に医局に所属していたことがある)

教授の回診がある場合、スタッフもピリピリとしているといいます。
回診の直前にトイレに行きたいと看護師に言うと、「すぐに戻ってきてください」などといわれることもあるようです。

教授の回診では、患者の方も緊張するといわれています。
看護師がテーブルの上に出ているいらないものなどを片づけたり、カーテンを開けたりします。
中には、少しでもスリッパがずれているだけでもきちんとそろえるというケースもあるといいます。
ここまで看護師がピリピリとしていれば、おのずと患者にもその緊張は伝播してしまいます。

教授回診といっても、何をするわけではありません。
担当医がいますので、「この患者さんは?」と尋ねます。
そうすると担当医が患者の状況について説明をするという感じです。

回診というよりも単なる視察といった方が適切かもしれません。
このために、長いところは1時間も前からスタンバイしないといけないこともあるといいます。
病院の嫌なところを見た、と感じる患者の方もいるようです。

大学医局の現状に関しては、下記に最新のアンケート結果を掲載しているので、よろしければ合わせてお読みください。
>>教授の権威の現状など―大学医局に関する医師1,580名のアンケート調査結果

医師の働き方」の他の記事を読む

科目不問で転職できる医師求人にはどのようなものがあるか?
常勤でも科目不問で勤務できる求人がある  「科目不問」の求人、というと当直や健診などのアルバイト勤務のことを想定する医師が多いと思います。実際に当直勤務あっても、救急対応や急変時の対応の少ない、いわゆ...すべて読む
転勤する勤務医の実状
医師の転居や転勤についてお調べの方へ。下記の最新記事を是非ご覧ください。 ・医師に転居はつきもの?転居に関する医師1,791名のアンケート結果 ・引っ越し時の面倒な手続きもこれで大丈夫!医師が転居・転...すべて読む
知られざる医師の実態
医師の勤務実態に関する情報は「医師の当直の実態とは?1,649人の医師のアンケート回答結果」をご確認ください。 医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治...すべて読む

106記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。