医局の組織について

医師として仕事をしていくためにはある意味欠かせない存在があるといわれています。
それが医局と呼ばれる存在です。
医局とは、医師同士で構成されるグループのことを言います。

医局の内部では、医師同士が切磋琢磨をしあっています。たとえば、医師同士で、いろいろな研究をすることもあります。
また、医局で研修医を取り込むこともあります。そして、研修医に対して、先輩の医師が教育を施すことになります。
政治の世界で、党内に派閥がいくつかあるという話は聞いたことがあるでしょう。
この政治の派閥の医療バージョンが、医局と思ってもらえればいいです。

研究仲間といってしまうと、横のつながりをイメージする人もいるかもしれません。
しかし、あくまでも上下関係で、ピラミッドのような構造をしていると思ってください。
その医局の中でも頂点に立っているのが、医局長ということになります。
医局長は通常、教授の肩書を持っている人が担当することになります。

教授をトップにして、その下には助教授や講師、助手、ヒラの医師、研修医といった感じで連なっていきます。
医局の規模は病院によっても、いろいろと違ってきます。
小さい規模であれば、十数名程度の医局もたくさんあります。
一方で大きな医局になってくると、100人くらいの規模で構成されているようなところもあります。

医局長である教授の存在は、ほかのメンバーからしてみると、アンタッチャブルな存在になります。
絶対的な存在であり、医局長が判断を下せば、不満があったとしてもそのメンバーは従わざるを得ないくらいの関係性によって成り立っています。

医師の働き方」の他の記事を読む

af0150012940l
科目不問で転職できる医師求人にはどのようなものがあるか?
常勤でも科目不問で勤務できる求人がある  「科目不問」の求人、というと当直や健診などのアルバイト勤務のことを想定する医師が多いと思います。実際に当直勤務あっても、救急対応や急変時の対応の少ない、いわゆ...すべて読む
healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む

110記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。