医局と勤務医

医師の平均年収は、平成22年度のデータを見てみると、1141万円となっています。
月収が平均で88万円、ボーナスが年間に91万円支給されるのが平均といいます。

しかし、医師といっても、どこで勤務をしているかによって、給料も変わってくるといわれています。

研修医の段階では、どこで働いていても大きな差はないです。たいていの人は、300~400万円程度の年収です。
一般的なサラリーマン並みの給料をもらいます。

そこから大学病院の医局勤務になるか、市中病院の勤務医になるか道が分かれるのはご存じのとおりです。
ここで給料も大きなターニングポイントを迎えます。

大学の医局の場合、20代後半から30代前半で300~600万円程度が平均的な年収になります。
その後は、昇格できるかどうかで給料が決まります。講師になれれば、700万円程度になり、助教授になると800万円台の年収を稼げます。
そして教授になると、1000万円前後の年収を稼ぐことができるようになります。

では市中病院の場合はどうでしょうか?
研修医を終えた段階の給料は年収で600~800万円程度が相場のようです。

ここから先は勤務年数などによって、給料が決まります。
10年以下のキャリアの医師で1000万円程度の年収を稼ぐことができます。
部科長クラスになると、1500万円程度の年収を稼げます。
そこからさらに院長になると、年収がときには2000万円を超えることもあります。

収入だけで比較をした場合、市中病院の勤務医になった方が有利といえます。
しかし大学病院で勤務しているステータスも捨てがたいという意思は多いようです。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。