初期研修医時代はとても貴重な時間

研修医のなかにも、「医師としてまだまだ」なレベルに分類される、初期研修医と呼ばれる医師がいます。初期研修医の場合の収入は、年間で300万から400万円程度といいます。

当然一般サラリーマン企業よりも高い年収を期待して医師への道を選んだわけですから、「えっ?これだけ?」という不満を抱く時期でもあります。しかし、同じ研修医でも後期研修医になると、倍ほどのお給料をもらえるようになりますし、何より将来、この研修期間を経た後、確実に医師としてのキャリアを積んで行ければ、それなりに医師としての報酬を得られるようになるわけです。

されど、研修医はあくまで半人前。指導医のもとで学んでいるため、医療行為そのものを単独の判断で行うことができません。後期研修医となってからは実践できることが増えてきますが、それでも正規の医師たちから見れば、まだまだ何もできない医師、という位置づけです。

研修医期間は非常に大切な期間でもありますので、しっかりと日々の研修や経験をどれだけしっかり習得できるかによって、将来どこまで上を目指せるかが決まるといってもいいでしょう。

もちろん、毎日の研修過程では不満を抱くことも多いでしょうし、指導医がいないと何もできない状況を辛く感じるかもしれません。苦労もたくさんあるでしょうし、上手く出来なくて悔しい思いをすることもあると思います。しかし、それらの繰り返しで、自分が本当に挑戦したい専門分野などを見極めることもできます。医師として将来どうなってきたいかを、働いて実際の現場を見ながら決めていくのです。

医師として成功するために、誰もが通ってきた道。立派な医師になる日を夢見ながらたくさん吸収する、最たる踏ん張りどころですね

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。