女医の出産について

女性は、妊娠と出産と子育てがあるため働いている人は休暇を取る事や退社したりなどの対応をしなくてはいけません。激務とされている女医の方で出産はどの時期にしたらいいのか悩む人は大勢いると思います。
そんな不安を少しでも解消しようと最近では出産や育児をする女医の支援体制が整ってきている病院が増えて、勤務形態を緩くする事や院内に保育所を設立するなどの配慮がたくさんされています。

他にも一時的に臨床から離れて研究をする人や専門医を受けて再スタートする人もたくさんいます。女医さんの場合研修を終えた時とキャリア期と妊娠、出産の適齢期がダブってしまいます。女医さんの中には学生の時に出産をしておけばよかったと思う人がたくさんいるみたいです。やはり一番時間のコントロールや融通を利かせられたのは学生の頃かと思います。

女医になってからの出産で一番辛いのが、妊娠を上司に伝える時との声も多くあります。何人もの人でまわしている病院ならともかく、ギリギリの人数でまわしている病院の場合は言い出しにくい部分が出てくるのだと思います。

しかし、最近では医師不足の問題から病院側も配慮するようになってきました。辞められては困ると考えている病院が増えているからです。例えば、少し前までは珍しかった産休が与えられるようになり、その間は短期で代わりの医師を雇うというカバーの仕方や、産後すぐに復帰してもらえるように育児真っ最中の女医には手当てをつける事や、協力的で医師不足を改善しようと考える所であれば女医に限らず看護師や他の職員も活用出来るように病院の敷地内に保育園を設置したりなど出来る限り協力しようという病院が増えています。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。