眼科を開業するには

眼科を開業するには、どのような手順を行っていったらよいでしょうか。
まずは、どのような患者を対象にするのか、どの程度までの診療や処置を行うのか、はっきりさせる必要があります。お年寄り中心と考えるならば、白内障の患者が増えると思われ、そういった場合には手術対応できる、設備を完備するかどうか検討事項がでてきます。手術機器を取りそろえると、3000万円程度かかります。

近年はレーシック手術といった最新のものもあり、これは、これからさらに発展する分野でしょう。
現在、眼科を開業されている医師の間でも、元手がとれていないところも多いようですから、これは、開業時には外した方が良いかと思います。そして、眼科を開業する場所も一つの決め手となるかもしれません。近くに小中学校などがあれば、学校での一斉の眼科健診後は、学校からの指示により、眼科での再検査を必要とする患者が増えるはずです。また、コンタクトレンズの処方のための患者を見込めるかと思います。大学生や専門学校生などの多く住む、学生街が良いかもしれません。

お年寄りが多い地域を選べば、白内障の患者が見込めると思います。眼科を開業するにあたっては、経営が成り立たないと話になりません。そういった点からも、開業場所というものはとても重要事項となります。

しっかりとし市場調査を行った上で開業場所を決めて、建物としては、お年寄りの患者も来院してくることを想定して、やはりバリアフリーを第一に考えて設計すべきでしょう。車いすが十分に行き来できるスペースを取る事は、今では当たり前の事柄となっています。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。