放射線科医の募集の現状

放射線科医とは医師国家試験に合格し放射線科専門医の認定を受けている医師のことをいいます。仕事内容としては、放射線治療の計画をたてたり、各種画像診断や放射線を使用した検査を行ったりします。近年、放射線科医も転職を希望している医師が多く、どのような医療機関が良いのかなどしっかりとした考えを持って転職に臨んでいます。

一方、医療機関側が放射線科医の募集で求めている技能・能力は、画像診断・読影と放射線治療です。将来的に放射線治療が増加する可能性もありますが、今のところ放射線科を診療科名として掲げる医療機関が少ないため放射線科医の募集はあまり多くないというのが現状です。

そのような中でも放射線科医の求人募集が多い医療機関はCT、MRI、PETの画像診断を行う施設で、確かな読影の技術を求められます。放射線科医の多くは医療設備の充実した医療機関で今まで培ってきた自分のキャリアを生かし、スキルアップを目指したいと希望して転職をめざします。放射線科は勤務する医療機関の設備によって仕事内容が大きく異なる科です。希望する医療機関にどの程度の設備機器やITシステムなどが導入されているか、または、放射線検査を行う手技を使って治療するIVRに対応しているのかどうかで、放射線科医としてのキャリアが変わってくるのです。

転職したある放射線科医に聞くと、最も重要視した条件として挙げたのは、やはり充実した医療施設の下で自身のキャリアを生かしさらなる向上を目指すということでした。現在は画像診断部門で多くの手技や治療を行っている病院で、新しい治療方法に精進しやりがいのある日々を送っているそうです。

医師の転職先の探し方」の他の記事を読む

医師
関東の医師求人の傾向と転職市場
医師転職ドットコムで関東の医師求人を探すには?  医師転職ドットコムの地域区分は9つに分けられ、①北海道、②東北、③北関東・山梨、④首都圏(1都3県)、⑤東海、⑥北信越、⑦近畿圏、⑧中国・四国、⑨九州...すべて読む
xf0635025498o
腫瘍内科医師が求人を探すには?
腫瘍内科とは?  腫瘍内科とは、腫瘍(主にがん)を対象とする内科を指します。がん疾患に対する治療法としては、主に手術や内視鏡による外科的治療、化学(薬物)療法、放射線治療がありますが、そのうち腫瘍内科...すべて読む
快適な医局で仕事をするには特性を知った上での調査が必要
1.医局とは医師の待機所・控室の事も指す 〈待機所、控室としての医局〉 この場合の医局とは、大学病院などで教授を中心とした人事組織の事をいうのでは無く、各病院に少なくとも一つは存在している医師の待機所...すべて読む

90記事の「 医師の転職先の探し方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。