産婦人科医になる方法とは

医師になるには大学の医学部(6年制)を卒業して、医師国家試験に合格する必要があります。
医学部に入学して、いきなり産婦人科専門の学部があるものではありません。内科や脳外科など他の診療科でも全く同じです。

どこの大学・どんな医学部も、全ての勉強をしていきます。そして学部卒業後、前期研修医、3年目からの後期研修医(科によって機関が異なります)の期間を経て医師として通じるような段階に入ります。また、「産科婦人科専門医」となるには、日本産科婦人科学会が指定する病院で5年以上産科婦人科の臨床研修を経たうえで、専門医認定試験に合格する必要があります。(専門医でないことは、報酬に影響することがあります。)

細かい条件指定があるので、目指しているかたはじっくりとその内容を確認してください。 折からの産婦人科の医師不足は、かなり問題になっています。・・・「病気に罹っている患者を治療して元気な姿になっていただく」ということは、医師として非常にやりがいのある状態です。が、これが産婦人科医となると、「元気で無事に、新しい生命をこの世界に誕生させる」ということが、大変うれしく、医師になってよかったという大きな喜びを感じる瞬間のようです。
生殖、遺伝子などまだ知られていない未知の分野を研究することに興味を覚える人にはたまらない職業でしょう。

産婦人科の医師を選ぶ方法として、自分の親が産婦人科医だったのでそれを継ぐということももちろんあります。 女性医師の中には、家庭を優先する考え方の人もいて、緊急時の時間外の診察を嫌う人もいるらしく、男性の産婦人科医はそのようなハンディをクリアできる立場です。これからもますます産婦人科医の医師不足は続くと思いますが、この問題が改善されることは日本の妊婦の皆さんの状況を変える一歩になると思います。

医師の転職先の探し方」の他の記事を読む

快適な医局で仕事をするには特性を知った上での調査が必要
1.医局とは医師の待機所・控室の事も指す 〈待機所、控室としての医局〉 この場合の医局とは、大学病院などで教授を中心とした人事組織の事をいうのでは無く、各病院に少なくとも一つは存在している医師の待機所...すべて読む
病院の医局の状況も転職先選択に重要な要素
1.転職目的の達成と転職先での働きやすさとは別問題 〈転職の目的と転職先の職場の働きやすさとのギャップは一般の転職でもよくある重要な点〉 転職を考えていらっしゃる先生方には、様々な目的をお持ちになった...すべて読む
af0100037564l
医師の労働環境の改善に向けて
日本の医師の過酷な労働環境 現在転職を考えているほとんどの医師の方が『転職サイト』に登録をしているかとは思いますが、現在、転職サイトは無数に存在しており、先生方の労働環境を改善することを目標として転職...すべて読む

108記事の「 医師の転職先の探し方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。