最近の医師の傾向

一昔前と現在とでは、医師を取り巻く環境は大きく変わってきているといわれています。
かつて、医師の世界では、医局制度というのがありました。
医師は自分の意志よりも医局の人事に従って、働かないといけないという風潮がありました。

しかし、最近になって、医局により足かせがだいぶなくなってきているといわれています。
つまり、それぞれの自由意思によって、自分の職場を探せるようになってきています。

たとえば大病院に勤務することを選択する人もいます。
大病院の勤務医になれば、治療活動に専念することができます。
大病院であれば、経営基盤もしっかりとしているのでまず自分の食い扶持がなくなってしまうことを心配する必要もありません。

一方で、開業医を目指す人もいます。開業医の場合、ただ単に治療活動に専念していればいいというわけにはいきません。
自分のクリニックを維持するために、経営活動をすることも仕事内容に含まれてきます。

ただし、開業医の場合、きちんと患者を確保することができれば安定した、しかも高い収益を確保することが可能です。
このため、クリニックの経営に成功すれば、勤務医と比較してもいい給料を確保することも可能になります。
中には、年収2000万円を超えるような収入を獲得している人もいます。このような年収を勤務医で稼ぐ人はなかなかいません。

このように、医師として働く場合に、いろいろな働き方のスタイルがあることを認識しましょう。
どのようなスタイルが自分に合っているのか、よく見極めることが重要です。
また今後の自分のライフプランも検討して、どのような仕事をすべきかを考えましょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

af0150012940l
科目不問で転職できる医師求人にはどのようなものがあるか?
常勤でも科目不問で勤務できる求人がある  「科目不問」の求人、というと当直や健診などのアルバイト勤務のことを想定する医師が多いと思います。実際に当直勤務あっても、救急対応や急変時の対応の少ない、いわゆ...すべて読む
healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む

110記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。