あらゆる知識を持つ総合内科医

最近、総合内科という言葉を聞くようになりましたが、どのような科なのでしょうか。
総合内科は、総合診療科、総合内科とも呼ばれ、内科系疾患の初期治療を担っています。患者の多くはどの科を受診すればよいのか分からないため、医療機関で最初に診療を行うのが総合内科です。そのため、総合内科は医療の幅広い知識を必要とする専門医がいる科といえます。

風邪や軽いぜんそくなどよくある症状の患者も担当します。患者の症状を詳細に聞くことによって、適切な診察と検査で病状の原因を突き止め、病状が安定しているようであればそのまま総合内科で様々な治療を行っていきます。
実際、患者側にとって、高血圧なので循環器内科へ、胃炎は消化器内科へなど、行くたびにいろいろな科に行くのはかなりの負担になり、総合内科では治療ができない場合は、専門医療科を紹介することになります。

総合内科における診療内容は、医療機関によって異なります。ある病院では内科系疾患の初診患者の初期対応、感染症診療、膠原病、リウマチの診療が主な診療内容です。また、頭痛や発熱、腹痛、胸痛、めまい、呼吸困難など様々な症状に対応していますが、各々の地域の病院において、患者の診断が確定し緊急で専門的な治療を受ける必要がある場合は、適切な各科へ直接紹介することになります。
あるいは、診断が確定していても、総合内科の診察によってどの科が適切なのかわからない時は総合内科から最も適切と診断される専門医がいる科へ紹介します。

万が一診断ができないケースや専門科がない疾患は引き続き総合内科で治療を行うこともあります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。