科別でみる医師の給料

ひと言で医師といっても、科別によって仕事の内容も変わります。また仕事の内容と同時に気になるのが、収入面での変化です。

全体の医師としての平均年収は1,000万円から1,200万円ほどになっていますが、もちろん診療科目によっては少ない・多いといった変動があります。また、働く場所や診療科目でも変わってきますので、あくまで平均ということを頭においてくださいね。勤務医ではあまり科別での差が明確にならないこともあり、ここでは開業医で考えてみましょう。

まず、よく見かける内科の場合、おおよそ2,000万円ほどの年収になるといわれています。また耳鼻科もほぼ同じ水準になるようです。

対極的に、外科では1,500万円前後。外科の場合、大きな総合病院で診察や治療を受ける人が多いために、開業外科医の収入は、イメージほど高額ではないという説も…。内科よりも年収水準が高くなる科別をみると、皮膚科や産婦人科などが2,500万円前後、さらに眼科や小児科は3,500万円程度となっています。

これらの診療科目は専門医という区分となり、年収水準が高くなるのは、供給よりも需要が多いためであると推測されます。やはり、需要が多ければ多いほど、医師1人あたりの依存度もさらに高まり、その結果報酬も増える…という図式の表れなのかもしれません。

このように、医師という職業は、科別でみれば差はあるものの、どのような診療科目でもそれなりの高収入が望める職業だと思います。しかしながら、報酬が多い分、社会的な責任やリスクもとても重い職業であることは決して忘れてはいけませんよ。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

xf0635025537o
民間病院と公立病院で医師の年収はどう違う?開設者別病院比較
病院の経営母体には様々な種類がある  日本では約20万人の医師が給料を貰う勤務医として勤務しており、その大半が病院で働いています。しかし、一口に病院といっても、実態は様々です。そのため、どういう病院種...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む
JU123_72A
医師の転勤や転職と住宅ローンの要件について
住宅ローンを借りる要件 国土交通省住宅局が平成25年3月に公開した「平成24年度・民間住宅ローンの実態に関する調査・結果報告書」による「住宅ローンを供給している民間金融機関が融資を行う際に考慮する項目...すべて読む

75記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。